企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

ガムをかむとウオーキング効果が高まる 早大とロッテが共同研究

早稲田大学 「ガム咀嚼による心拍数の変化 / 中高年男性の歩行距離、歩行速度、エネルギー消費量の変化」

 

 早稲田大学スポーツ科学学術院(埼玉県所沢市)の宮下政司准教授とロッテ(東京都新宿区)の共同研究グループは、歩行時にガムをそしゃくすることでウオーキングの効果が高まり、エネルギー消費量も高める可能性があることを確認した、と発表した。

 実験は、21~69歳の健常な男女46人を対象に、2017年5月14日~6月3日に行った。対象者は、ガムをそしゃくしたときとしないときそれぞれで、自分のペースで15分間歩行し、その際の心拍数、歩行距離、歩行速度、歩幅、エネルギー消費量を計測・算出し、疲労度のアンケートを行った。ガムをそしゃくしないときには、ガムと同じ成分の粉末を歩行前に摂取してもらった。

 その結果、ガムをそしゃくした場合、対象者全体でそしゃくしない場合と比べ、1分当たりの心拍数が3.0%増加したという。

 中高年男性は特に効果が顕著で、ガムをそしゃくした場合としない場合を比較し、歩行距離、歩行速度ともに3.5%ずつ増加し、エネルギー消費量は2.5%増加した。

 実験を行った宮下准教授は、「心拍リズムと運動リズムは同期するという現象がある。この現象によって歩行距離、歩行速度、歩数の身体機能が増大した可能性が考えられる。この現象は、若年者よりも高齢者で起こりやすいことが明らかになっており、今回の研究でも若年男女、中高年女性と比べ、中高年男性は心拍数の差が大きく出た。今後の高齢社会において、 ますます高齢者の健康への自助努力が必要とされる中、手軽にできるウオーキング中のそしゃく運動が注目されることを期待している」とコメントしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ