企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

世界遺産・東寺で「陶彩画」の展覧会開催 有田焼の手法を用いた陶器の絵画

陶彩画家30周年記念 第3回「陶彩画」の世界 「旋風」

 

 陶彩画家で絵本作家の草場一壽氏は、7月1日まで京都市の東寺で「陶彩画家30周年記念 第3回『陶彩画』の世界」を開催している。

 陶彩画は、400年の歴史を持つ有田焼の手法を用いた陶器の絵画で、白い陶板に、絵付けをしては焼成し、十数回にも及ぶ窯入れを繰り返しながら作品を完成させるもので、草場氏による独自の発想と工法だという。草場氏は世界遺産の東寺で個展が開ける数少ない作家で、昨年は1カ月の開催期間中、約10万人が来場した。

 6月2日は東寺の客殿で草場の講演会「陶彩画から見えてくる未来の世界」を行う。インターネットでの事前申し込みが必要。

 

・講演会申し込み:https://71nanaichi.com/contactform.html

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ