企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

堺の伝統産業「堺注染」の後継者を養成する研修の受講者を募集 「研修終了後は堺で働いて」

堺市 「堺注染職人養成道場」

 

 公益財団法人堺市産業振興センターと堺注染和晒興業会は、堺の伝統産業「堺注染」の技法を継承し、次世代を担う人材を育成する研修「堺注染職人養成道場」の受講者を募集している。

 注染法は、明治20年代に開発され、手染め法としては新しい。渋紙で作られた型紙を木綿に重ね、防染のりを施し染料を注いで染める。繊細な図柄や鮮明な発色が特徴で、現在は手ぬぐいや雑貨などに幅広く利用されている。

 研修期間は今年の9月から4カ月間で、基礎研修終了時に実技研修受講の意向を確認し、選考する。研修終了後に市内の注染事業所に勤務するか市内に工場を開設できる人で、原則18~35歳の14人を募集する。6月6日まで受講申込を受け付け、書類による1次選考と面接による2次選考で決める。

 受講料は養成道場が負担するが、研修に必要なものを各自で購入する場合がある。また、実技研修で、参加日数などの基準を満たした人に、月額10万円の奨励金が支払われる。

 

・詳細:http://www.sakai-ipc.jp/news/recruit/post-335.html

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ