企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

セミナー受講翌日から、社内の意識に変化 ソフトウエア開発の「基本の型」を体得

バルテス 「ソフトウェア品質セミナー」

 

 ソフトウエアの品質検証・第三者検証事業を手掛けるバルテスは、同社の品質教育サービス「ソフトウェア品質セミナー」の最新事例として、金融フロントシステムの開発、保守・運用を手掛けるシンプレクスへのインタビューをバルテスのウェブサイトに掲載した。

 シンプレクスは、メガバンクや大手証券など国内大手金融機関向けに、金融商品の取引やリスク管理業務を支援する金融フロントシステムを提供。コンサルティングからシステム開発、保守・運用まで一貫したものづくりを行い、金融フロント領域で国内トップシェアを獲得している。今後の事業拡大に向け、バルテスの品質教育サービスを利用した。

 インタビューの中でシンプレクスは、10年ほど前から新卒採用を積極的に進めてきたことで、若手中心の組織となったが、教育に当たらねばならない中堅・ベテランの人数や時間が足りない上、彼らもこれまで我流で業務を行ってきており、今後、業務拡大を目指す中でどうやってシステムの品質を維持、向上させていくかが課題だったと明かした。セミナー受講によって「基本の型」が社内に注入され、開催翌日から意識が変わった、と効果を語っている。

 「ソフトウェア品質セミナー」は、年間800人以上が受講している教育コンテンツで、演習を通じて対話するコースを用意している。

 

・導入事例「シンプレクス株式会社」:http://www.valtes.co.jp/voice/simplex.html

・品質教育サービス「ソフトウェア品質セミナー」:http://www.valtes.co.jp/education/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ