企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

稲盛財団、35周年の周年イヤーに京都賞賞金を増額 稲盛和夫理事長、メッセージを発表

 

 稲盛財団は、創立記念日の4月12日、稲盛和夫理事長によるメッセージ「『利他の心』を永久(とわ)に」を発表した。稲盛理事長は私財約200億円を拠出して1984年に稲盛財団をつくり、同年、国際賞である「京都賞」を創設した。2019年に稲盛財団と京都賞は創設35周年を迎える。メッセージの中で、改めて京都賞について「先端技術、基礎科学、思想・芸術の各分野ですばらしい業績を上げ、人類に多大な貢献を果たした人たちを選んで顕彰し、その功績を讃えたいとの思いで始めた」と語った。

 稲盛財団は18年から20年までの3カ年を35周年の周年イヤーと位置付け、主要3事業である「京都賞顕彰事業」「研究助成事業」「社会啓発事業」の内容をさらに充実させ、「利他の心」を行動指針に、ローカル、グローバルの両面で地域や市民をつなげ、より豊かな未来社会を創造するための実践者として貢献する、としている。

 18年度から京都賞の賞金を、1賞につき5000万円だったのを1億円に増額する。19、20年度は新規の長期大型助成を含む助成事業の拡充と、サイエンスをテーマに子どもの探求心や未来の夢を育む定期イベントの開催を検討している。

 

・稲盛財団35周年記念サイト:http://www.inamori-f.or.jp/35th

・メッセージ「『利他の心』を永久(とわ)に」全文:http://www.inamori-f.or.jp/35th/img/index/rita_everlasting.pdf

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ