企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

特定原材料7品目を使わない米粉100%のパン 第一屋製パン、新ブランドを立ち上げ

第一屋製パン 「FAHAN 食事パン 玄米」

 

 第一屋製パンは、食物アレルギーを起こす恐れのある卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生の特定原材料7品目を使わず、国産の米粉100%を使用した新ブランド「FAHAN(ふぁはん)」を立ち上げた。第1弾として、6月に「食事パン玄米」を発売する。

 東京都が行った2014年の調査で、3歳児の16.7%に食物アレルギーの症状や診断があるという結果が出ており、10年前の2倍となっている。食物アレルギー対応食品の市場規模は16年に66.7億円で、20年には89.3億円と推測されている。

 「食事パン玄米」は、原材料に秋田県産の玄米ピューレと新潟県産米粉を使用し、しっとり、もちもちとした食感と、香ばしさ、コメの甘みが感じられる、という。特定原材料7品目の持ち込みを禁止した専用の工場で製造する。冷凍状態の個包装で届け、常温で約3時間置くだけで、トーストせずに食べられるという。

 セレクトショップの「ペンギンシャトル馬込/荏原町という店」で販売するほか、FAHAN専用通信販売サイトを6月に開設する。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ