企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

デジタル時代の「PR思考」を知ろう! 多分野で役立つ解説書が発売へ

電通PR 「デジタル時代の基礎知識『PR思考』人やメディアが『伝えたくなる』新しいルール」

 

 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は、デジタル時代に即した書籍「PR思考」を3月15日に発売する。価格は1480 円(税別)。

 PRのみならず、他の業務にも役立つ内容で、タイトルは、「デジタル時代の基礎知識『PR思考』人やメディアが『伝えたくなる』新しいルール」(翔泳社刊、電通PR 根本陽平、伊澤佑美 共著)。

 本書は、期待する世の中の反応をゴールとしてまず設定し、そこから逆算するコミュニケーション・プランニング・プロセスを解説。その上で必要となるメソッドを紹介している。

 同社は「情報流通の構造が複雑化したデジタル時代に合致したPRの新・定番書として、広報担当者はもちろん、経営者、商品担当、研究開発担当、人事担当、マーケティング担当、宣伝担当など、所属部署や企業規模を問わず、お読みいただけます」としている。

 

特設ページ:https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/dkbp/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ