企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

こころの健康づくり目指す「タニタカフェ」 5月有楽町に旗艦店オープンへ

タニタ 「有機野菜ともち麦のサラダボウル」

 

 タニタは、健康的な食を提供する「タニタ食堂」に続き、新業態となる「タニタカフェ」を本格展開する。旗艦店となる都内1号店「タニタカフェ有楽町店」を5月下旬にJR有楽町駅構内のルミネストリート内にオープンする予定。

 タニタカフェは、「楽しさ」や「心地よさ」といった「こころの健康づくり」につながるエッセンスをふんだんに採り入れた新しいスタイルのコンセプトカフェ。20代-30代の女性をメーンターゲットに、旬の有機野菜をたっぷりと使用したオリジナルメニューを提供し、「日々の暮らしの中で、自然と健やかになっていく」新しいカフェの楽しみ方を提案したいとしている。

 メニューの提供にあたっては、楽天と食分野で提携。楽天が展開する農業事業「Rakuten Ragri」に参画する生産者から直送された旬の有機野菜を使い、ヘルシーとトレンドを兼ね備えたオリジナルメニューを提供するという。

 具体的には、1品あたり7、8種類の野菜を使った「有機野菜ともち麦のサラダボウル」や「有機野菜と和だしの米麺(フォー)」。このほか、一汁三菜のワンプレートランチやスイーツの提供も予定している。ドリンクメニューでは、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸を通常のコーヒーの約2倍含む、タニタオリジナルのブレンドコーヒー「タニタコーヒー プレミアムブレンド」を中心に、食感にこだわった「噛む」スムージー「カムージー」などを提供。

 カロリーや塩分などは、タニタ食堂の基準にとらわれることなく、「おいしさ」や「楽しさ」に重きを置くとともに、1日に必要な野菜量を摂りやすくするよう工夫したという。

 タニタでは今後も、さまざまな層の生活者が実践しやすい多様な「健康的な食習慣」を提案し、国が掲げる「健康寿命の延伸」に寄与していきたいとしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ