企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

次世代「5G」で建機の遠隔操作がスムーズに  安全な災害復旧に対応へ

KDDI 「5G」、4K3Dモニターを活用した建機の遠隔施工イメージ

 

 KDDIは2月15日、同社と大林組、NECの3社連合が、第5世代の移動通信システム「5G」を活用した建設機械による遠隔施工に国内で初めて成功した、と発表した。

 2月1から14日まで、大林組の東京機械工場(埼玉県川越市南台1丁目10−4)で実証実験(総務省の技術試験)として実施。裸眼でも自然に立体視が可能な高精細の4K対応の3D(立体)モニターを使用したという。

 建設機械に4Kカメラを2台、2K全天球カメラを1台、2K俯瞰(ふかん)カメラを2台設置し、計5台からのカメラ映像を遠隔操作室に伝送した。

 遠隔操作は搭乗操作に比べ建機の動作が遅くなるため、作業効率が50%~60%程度に低下するという。実証試験では、5Gの特長である高速・大容量通信を建機の遠隔操作に応用し既存のモバイル通信では実現が困難だった高精細映像の伝送を実現することで、遠隔地にいるオペレーターへの情報提供量の増大により負荷を軽減。遠隔操作の作業効率を従来に比べ15~25%改善したとしている。

 これにより、遠隔地からでも繊細な操作が可能となるため、人が立ち寄ることができない災害現場においても復旧作業を安全かつ迅速に進めることができるとしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ