企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

「AIタクシー」サービス開始 捜す間もなくタクシーがやってくる?

NTTドコモ AIタクシーを活用した運用イメージ

 

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、人工知能(AI)を活用した同社のリアルタイム移動需要予測技術で、タクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー(R)」を、2月15日(木)から法人企業向けに全国で提供を始めた。東京23区、武蔵野市、三鷹市では東京無線タクシーが1350台、名古屋市ではつばめタクシーグループが1150台、「AIタクシー」を活用した運行が順次開始される。

 「AIタクシー」は、現在から30分後までのタクシー乗車需要の予測結果などのデータを、オンラインで配信するサービス。タクシー運行データや気象データ、周辺施設データなどに加え、ドコモの「モバイル空間統計(R)」のリアルタイム版を活用し、乗車需要を10分ごとに予測するという。

 これにより、利用者の立場からはタクシーの待ち時間短縮が期待でき、また運行する側からは、電車の遅延やイベントなどの非日常的な乗車需要の発見が期待できるとしている。

 今回のサービスの提供価格は、営業区域数とタクシー車両台数により異なるが、初期導入費用は30万円から、月額利用料は車両1台あたり900円前後だという。初期導入費用0円の利用期間限定のお試しプランもある。

 近年、訪日客も含め、観光需要の高まりで移動需要が伸びていく一方、人口減少や超高齢化社会に直面する日本において、ドライバー不足や交通空白地といった交通課題は切実化している。ドコモはAI×IoTにより、移動需要を見える化することで、タクシーをはじめ、様々な移動手段の効率的運行に貢献していきたいとしている。

 申し込みは全国のドコモ法人営業担当、またはドコモビジネスオンラインから。

ドコモビジネスオンライン:http://www.docomo.biz/contact/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ