企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

オペラとフランス料理に酔う 帝国ホテルで恒例「ジ・インペリアルオペラ」

帝国ホテル 2012年藤原歌劇団本公演「フィガロの結婚」(東京文化会館)より

 

 帝国ホテル東京は、藤原歌劇団によるオペラの公演と、フランス料理のディナーを楽しむ恒例の「ジ・インペリアル オペラ」を4月29日(日)に開催する。演目は「フィガロの結婚」。

 「フィガロの結婚」は、フランスの劇作家ボーマルシェの戯曲にモーツァルトが曲をつけた作品だ。モーツァルトのオペラ作品の中でも有名で、単独で演奏されることも多い序曲や、アリア「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」「恋とはどんなものかしら」など、いずれもオペラを見慣れていない人であってもどこかで耳にしたことのある名曲ばかりだ。

 帝国ホテルと藤原歌劇団の縁は、団の創設者でもあるテナー歌手、故・藤原義江氏から始まる。25歳から、亡くなる77歳までの52年間にわたって宿泊し、彼が日本での生活の拠点としたのが帝国ホテルだった。その藤原歌劇団の協力を得て始めた「ジ・インペリアル オペラ」も第12回を迎える。今回は記念すべき第1回公演と同じ演目および主演(須藤 慎吾=アルマヴィーヴァ伯爵、砂川 涼子=伯爵夫人)で再演する。

 上演後には、オペラの余韻に浸りながら帝国ホテルのフランス料理を楽しめるプラン。

 会場は本館3階「富士の間」。オペラ開演が16:30、ディナーは18:30から。料金は一人38000円。宴会イベント係(03-3504-1255)またはホームページで申し込みを受け付けている。

 

帝国ホテル ホームページ:https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/event/imperial_opera2018.html

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ