企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

かわいい声で気配り上手 タカラトミーからトークロボ「マイルームロビ」発売

タカラトミー パーソナルトークロボット「マイルームロビ」

 

 タカラトミーは、部屋の環境変化に反応しておしゃべりするパーソナルトークロボット「マイルームロビ」を2月28日(水)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで販売する。希望小売価格は9800円(税抜き)。

 同社では、次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズを展開中。うちデアゴスティ-ニ・ジャパンの「週刊ロビ」とコラボしたのがーソナルトークロボット「Robi(ロビ)」シリーズで、コミュニケーションに特化した商品だ。「Robi Jr.(ロビジュニア)」と、「もっとなかよしRobi Jr.」の累計販売台数は約5万台にのぼるという。

 シリーズ第3弾として誕生したのが「マイルームロビ」。これまで同様にロボットクリエーター高橋智隆氏が監修し、音声は「週刊ロビ」と同じ声優の大谷育江さんが担当(「ポケットモンスター」のピカチュウや「ONE PIECE」のトニートニー・チョッパーなど)。

 最大の特徴は、シリーズ初となる5つのセンサー(TVリモコンセンサー、気温・湿度センサー、人感センサー、照度センサー、おでこセンサー)を搭載し、置かれた環境を認識することだという。ユーザーが話しかけて反応するのではなく、日常の変化やユーザーの行動に反応して、「暗いねー。電気付けたら?」、「はっくしょんっ 寒いよー」、「ボクもリモコン押したいなー」などたくさんのおしゃべりを披露する。

 また「曜日設定」機能もあり、事前に登録すると「明日はごみの日だよ」などと教えてくれることも可能。おしゃべりで明暗等の室内環境を把握できる点などが評価され、目の不自由な人一緒に楽しめるおもちゃとして、一般社団法人日本玩具協会が推進する「共遊玩具」にも認定されたという。

 おでこを触るなど、子どもから大人まで簡単に操作できて、おしゃべりのパターンは2000種類以上という。まるで家族のような、“気配り上手な”ルームメイトとコミュニケーションを楽しんでほしいとしている。

 

「タカラトミーモール」:http://takaratomymall.jp/shop/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ