企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

地上250メートルでミラクル体験を! 東京タワーが初の展望ツアー開始へ

東京タワー 「トップデッキ」(旧 特別展望台)と「メインデッキ」(現
大展望台)

 

 東京タワー(日本電波塔)は、リニューアル工事のため休業していた特別展望台(高さ250m)を、新たに導入する事前予約制・ツアー(アトラクション)形式で3月3日からグランドオープンする。

 アトラクション名は「トップデッキツアー」。「東京や東京タワーの過去・未来・現在を感じることができる」体験型展望ツアーとなっているという。1階フットタウンの専用「トップデッキレーン」から高さ250mのトップデッキ(旧特別展望台)まで、アテンダントによる接客だけでなく、ドリンクサービスや音声ガイドなど、多くの「おもてなし要素」を盛り込んだ。

 トップデッキまではガラス窓を大きくし浮遊感を増大させたエレベーターで移動する。

 今回のリニューアルでは、ツアー専用のレーンや、メインデッキ(大展望台:高さ150m)からトップデッキまでを結ぶエレベーターなどハード面の新設や内装のリニューアルに加え、事前予約システムによる待ち時間のない案内や13言語対応のガイドシステム、景観案内の導入など、ソフト面も一新。国内だけてなく世界各国から東京タワーを訪れる来場者への〝ホスピタリティー″をより一層強化したという。

 ツアーのクライマックスとなるトップデッキでは、「ジオメトリックミラー」とLED照明の効果により、来場者が都市風景に埋没するような不思議な雰囲気を演出するという。

 ツアーのネット予約の受付は、1月23日12時(正午)から、東京タワー公式サイトの専用ページで開始する。料金(税込み)は、大人(高校生以上)2,800円、子供(小中学生)1,800円、幼児(4歳以上)1,200円。入場は9:00からで22:15発が最終ツアーとなる。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ