企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

日本橋で「新春きときと氷見市フェア」開催 旬の寒ぶりをご賞味あれ

富山県氷見市 「富山はま作 『ひみ寒ぶり』の刺身入り特製定食」

 

 富山県氷見市(ひみし)は、1月15日(月)~28日(日)の14日間、首都圏情報発信拠点「日本橋とやま館」において、同市の魅力を1週につき1テーマ、2週にわたって発信する「新春きときと氷見市フェア」を開催する。

 第1弾企画は、同館内和食レストラン「富山はま作」において、シーズン真っ盛りのブランド魚「ひみ寒ぶり」を使ったランチメニューを提供するというもの。1日限定15食で、価格は2800円(税込み)。

 第2弾企画として、交流スペースにおいて、氷見市の「里海と里山」の特産品を販売。漁師町自慢の干物や巻きかまぼこ、和牛の名品「氷見牛」、三大手延べうどんの一つ「氷見のうどん」などが並び、「日本橋とやま館」初登場の商品も多くそろうという。

 氷見市は、富山県の西北部、能登半島の東側付け根部分に位置している。天然のいけすと呼ばれる富山湾からは、四季を通じて多くの種類の魚が水揚げされる。

 現在市内では、自慢のぶり料理を競い合う「第6回ひみぶりフェア」が2月末まで開催中だ。民宿や割烹、寿司屋など、市内36店舗で、ぶりの頭から尻尾までを使った郷土料理などが提供されている。

 この機会に氷見市まで足を運び、「氷見温泉郷」湯につかって海越しに立山連峰を眺め、捕れたての魚を賞味してほしいとしている。

 

「日本橋とやま館」公式サイト:http://toyamakan.jp/

氷見市観光ポータルサイト「きときとひみどっとこむ」:https://www.kitokitohimi.com

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ