企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

AIキャラ「ぐりこっち」が未来の食卓を提案 グリコが家電見本市に初出展

江崎グリコ 「教えて!ぐりこっち」

 

 江崎グリコは、米ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大規模の家電見本市「CES 2018」(2018年1月9~12日)の日本パビリオン「JAPAN TECH project」に食品メーカーとして初めて出展する。

 ブースで展示するのは、クラウドベースの会話型食卓サポートシステム「教えて!ぐりこっち」。各家庭のニーズに応じた栄養の摂り方を教えてくれる音声の助言サービスで、米アマゾン・コムが展開する人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」の音声サービス「アレクサスキル」を通じて既に提供している。

 「ぐりこっち」というキャラクターとの会話を楽しみながら食材の知識を得られ、食材の名前を言うと、その食材の栄養素やお勧めの調理方法、それにまつわる小話を教えてくれる。提供される情報は、管理栄養士による監修のもとでサイト上に公開している「すぐわかる栄養成分ナビゲーター」(http://www.glico.co.jp/navi/dic/)の内容を反映しており、信頼性の高い情報になっているという。

 江崎グリコは、最新のテクノロジーを用いて「食を通じて社会に貢献する」ことを目指しており、サービスを通じて実現する未来の家庭の食卓の姿・活躍を描いた映像のほか、サービスを簡易的に体験できるスペースを用意する予定だ。

 同社は「IoT(モノのインターネット技術)を活用、多くの皆さまにグリコの知見に手軽に触れていただける環境を整備し、ご家庭の『おいしさと健康』をサポートするサービスを開始いたします。創業以来、当社に蓄積されてきた各種栄養素や健康科学についての研究・知見をより身近に感じていただき、ご家庭で手軽に活用いただけることを目指したものです」としている。

CES公式サイト:http://www.ces.tech/

 

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ