企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

IoT使用の故障検知ソリューション 製造業向けにトライアル版提供へ

NTTドコモ 「故障予兆検知ソリューション」サービス提供内容・構成図

 

 ユニアデックスとNTTドコモ(以下、ドコモ)は製造業向けに故障予兆検知ソリューション(以下、本ソリューション)のトライアル版を来年1月31日(水)から提供開始する。

 このソリューションは、ユニアデックスの「AirInsightTM Maintenance」とドコモの「docomo M2Mプラットフォーム」をセットで提供するもので、振動センサー、モバイル回線、 Microsoft Azure、機械学習エンジンで構成されている。工場などの設備に振動センサーを設置し、稼働中設備の振動データの収集・解析を行うことで設備の点検診断を実施する。設備に大規模な工事を必要とせず、振動故障予兆に特化した機械学習エンジンが搭載されているため、短期間での導入が可能だという。

 これまでの設備診断技術はコストがかかるため、導入は大規模施設に限られていた。また診断も技術者の感覚に頼っていたが、このソリューションの導入により、比較的安価なセンサーで、機械学習を使用した人工知能(AI)技術による均一な設備診断が可能になるとしている。

 さらに、ドコモが提供する「docomo M2Mプラットフォーム」のセキュアネットワークを利用したデータ送信を行うことで、機械の稼働状況などの情報を守る。また新たな固定回線の敷設や、セキュリティーを担保したネットワーク構築などの面倒な初期構築を省略することができるという。

 ユニアデックスとドコモは本取り組みを通じて効果測定を行い、来年夏ごろの本格サービス化を目指す。

 

ユニアデックス エクセレントサービス創生本部 IoTビジネス開発統括部:http://www.uniadex.co.jp/

ドコモビジネスオンライン:https://www.docomo.biz/contact/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ