企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

和食のよさが分かります 「京と江戸」料理人によるイベント

キッコーマン 「『和食っていいね!』と言われたい 京の味、江戸の味、和食の未来へ」パネリスト

 

 キッコーマンは、国内外で活躍する京都と東京の日本料理人によるパネルディスカッションを、2018年2月24日にイイノホール(東京都千代田区内幸町)で開催する。開催時間は14:00~16:30。定員は500人、参加は無料。

 ディスカッションのタイトルは「『和食っていいね!』と言われたい 京の味、江戸の味、和食の未来へ」。食品コンサルタントの柿澤一氏(かきざわ・ひとし)氏がコーディネーターを務め、日本を代表する6人の日本料理人がパネルディスカッション形式で意見を交わす。

 京都と東京の食文化の違いを、家庭料理を例に挙げてわかりやすく解説するほか、パネリストそれぞれが料理をするときのこだわりなどを披露する。映像や楽しいエピソードを交えながらイベントが進行する予定。

 京都からの参加する料理人は、髙橋拓児氏(「木乃婦(きのぶ)」3代目)、中東久人氏(「美山荘(みやまそう)」4代目)、髙橋義弘氏(「瓢亭(ひょうてい)」15代目)。

 東京からは、新井均氏(「天孝(てんこう)」2代目)、柳原尚之氏(近茶流嗣家・柳原料理教室副主宰)、手塚良則氏(「松乃鮨(まつのずし)」4代目)が加わる。

 キッコーマンは「世界中で和食が注目されている理由は、そのおいしさはもちろんのこと、栄養バランスのよさや見た目の美しさ、四季を感じられるメニューの豊富さなど、多岐にわたる」として、私たち日本人があらためて「和食の魅力」を再認識して「和食っていいね!」と実感し、日々の暮らしに和食を気軽に取り入れる機会を提供するとしている。

 今回のイベントは「東京2020参画プログラム」の公認プログラム(文化)として公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に認証されている。

 申し込みは、専用サイト(https://www.kikkoman.co.jp/enjoys/)で受け付ける。応募期間2018年1月14日(日)正午まで。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ