企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

ミャンマー人権活動家が講演 不屈の闘志に思いをはせて

国際交流基金 人権活動家マ・ティーダ氏

 

 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、ミャンマーで医療に従事しながら作家として言論活動を続け、社会問題に切り込んで発信してきた人権活動家のマ・ティーダ氏を、11月30日(木)から12月9日(土)の日程で招へいする。12月4日(月)に上智大学で「良心の囚人—独房から心を解き放つ」と題した講演会を開催する。場所は2号館1702国際会議場、時間は15時15分から17時まで。開場は14時45分。入場無料で事前申込制、定員は150名で締め切りが11月30日まで。同時通訳あり。後日、講演(抄録)は、アジアセンターのウエブサイトに『ASIA HUNDREDS』として掲載される。

 国際交流基金は、日本と交流する機会が限られているアジア各国から、オピニオンリーダーである文化人や知識人を招聘し、日本への理解促進や日本における人的なネットワーク構築につなげていくプログラムを毎年実施している。このたびの招聘はその一環。

 ミャンマーは、50年余りに渡って続いた軍事政権から、2011年の民政移管と、その後の政権交代を経て、大きな変動の中にある。

 マ・ティーダ氏は1993年に「公共の安寧の侵害、非合法結社との接触、違法文献の配布」により懲役20年を言い渡され、6年近く獄中にあり、そのほとんどの期間を独房で過ごした。処女作は、1999年の『The Sunflower』で、当時、国外での出版は禁じられていたため、ミャンマー国内でのみ発表された。講演では、独房という知性も精神も無きものにされてしまう環境の中で、自身がいかにして心を解き放ち、肉体的にも精神的にも自由を獲得しえたのかを語るとしている。

 滞在中は東京のほか、京都、富士山を訪問。山梨県立文学館の視察のほか、日本の文学関係者などとの交流も予定している。

 国際交流基金アジアセンター:http://jfac.jp/culture/events/e-ma-thida-lecture/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ