企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

対策しないと時間をロス!? ボシュロムが「老眼ムービー」公開

ボシュロム・ジャパン 「バイオトゥルー® ワンデー マルチフォーカル」

 

 ボシュロム・ジャパン (以下ボシュロム)は、11月22日に〈老眼ロスタイム〉に関するWEBムービーを公開した。

 主人公の女性は、日常の中でピントが合わず、視界がぼやけてしまう瞬間が積み重なっていることに気づいていない。娘の問いかけにも、「うーん?」と応じつつ、どこか上の空。ピントを合わせようと、郵便やスマホをばかりをじっと見つめる。やがて「最近、娘より手元ばかり見ていたのかもしれない」と気付き、老眼の矯正に踏み出すというストーリー。

 動画公開にあたり、老眼を自覚しているものの、何も対策をしていない40代・50代男女400人を対象に調査を実施した。この調査では、老眼を矯正していないことが原因で、ものを見る際にピント合わせに費やす時間のことを〈老眼ロスタイム〉と表現している。結果としては、老眼を感じるシーンが「ある」と答えた人には、月100分超の〈老眼ロスタイム〉があり、年間にすると20時間を超え、ほぼ丸1日の活動時間に相当することがわかった。

 老眼を感じるシーンとしては、「スマホやケータイでメールを読む」「パソコンでネットの記事を読む」が多く、「見たり読んだりすることをおっくうに感じる」「見ることに集中して話を聞き逃してしまう」などの弊害があるとされている。また老眼を自覚する平均年齢は47.2歳、最大で18年も矯正せずに放置されたままだという。

 ボシュロムは、遠近両用ワンデーコンタクトレンズ「バイオトゥルー® ワンデー マルチフォーカル」(30枚入り、オープンプライス)などを販売するアイケア製品の総合メーカー。

「オトナ瞳の“ピント”ロスタイム 母のキモチ篇/子どものキモチ篇」:https://biotrue.jp/mf/losstime

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ