企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

超高齢化社会に光を当てる技術 褥瘡を紫外線で効果的に消毒

臨床に使用した「ウシオ製222nm照射装置」

 

 ウシオ電機とシンガポール国立大学病院(NUH)は、褥瘡(じょくそう)患者の創傷部位に対し、ウシオ電機製の紫外線(222nm)照射装置を用いて、人体に影響を与えることなく細菌を消毒することに成功した、と発表した。

 現在、褥瘡や糖尿性下肢潰瘍等の慢性創傷患者が多い米国では、その治療費は毎年3兆円に達すると言われており、今後の長寿命化によって、さらに増加する可能性が指摘されている。また慢性創傷の場合、感染防止や治療のため抗生物質や抗菌クリームが使用されているが、近年、多剤薬品耐性菌(MRSA等)など、それらでは除去不可能な細菌が増大していること、さらには、抗生物質の使用により薬品耐性菌を新たにつくり出してしまうリスクが指摘されている。

 これに対しウシオ電機は、危険な波長を特殊フィルターでカットする「狭帯域スペクトル紫外線技術」により、ヒト細胞や組織を損傷せずに細菌やウイルスを死滅させる、紫外線殺菌システムを搭載した装置を開発。NUHはそれを用いて圧迫性褥瘡患者を対象とした研究的臨床を行った。その結果、222nm紫外線照射による急性疾患や慢性疾患など、人体への影響は一切確認されず、MRSAなど7種類の多剤耐性菌を減少できることが確認された。

 なお、この臨床試験の結果は、11月9日から12日まで、韓国ソウルで開催された第75回形成外科学会「The 75th Congress of the Korean Society of Plastic and Reconstructive Surgeons」で発表されている。

 ウシオ電機では、臨床を進め当装置の医療機器の認可取得を目指すと共に、紫外線殺菌技術を用いた手術時の感染症防止や手指殺菌など、アプリケーション開発を進めていくとしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ