企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

買い物弱者に地域包括ケアを 移動販売で川崎市

 

 川崎市は、ローソン、JAセレサ川崎、麻生区商店会連合会と共同し、麻生区東百合丘1丁目地区(グループホームひかり敷地内)で移動販売事業を11月16日(木)から開始する。時刻は14時半から15時半の間。以降、毎月第1・第3・第5木曜日のこの時刻を基本に実施する。

 また、百合丘地域包括支援センター(生活クラブ生活協同組合)による出張相談事業を、移動販売開催時に併せて実施する。

 これは、川崎市ウェルフェアイノベーションの異業種間共創プロジェクト。

 川崎市の平均高齢化率は19.6%(今年9月末現在)だが、東百合丘1丁目に限るならば25.0%とされる。超高齢化が進み、駅から遠く、坂が多く、商店が少ない地域で「どう暮らすか」は喫緊の課題だ。人が集い、集まってきた近所の人達との会話楽しみ、自分の目で見て買い物をする地域づくりを進めたい。この企画には、そんな思いが込められているという。

 さらに、移動販売実施によって地域住民の生活スタイルに変化があったか、コミュニティ意識の変化はどうかなどの調査を、買い物不便地域における移動販売ニーズの調査を含めて実施する予定。この調査には田園調布学園大学や地域包括支援センターが連携する。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ