企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

東南アジアの「今」を映す 短編ドキュメンタリー日本で上映

国際交流基金アジアセンター 「ビジュアル・ドキュメンタリー・プロジェクト 2017」

 

 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、東南アジアの映像作家が制作する短編ドキュメンタリー5作品の上映会を、京都と東京で行う。同センターが京都大学東南アジア研究所と共に展開する「Visual Documentary Project(ビジュアル・ドキュメンタリー・プロジェクト)」の一環だ。

 カンボジアの首都プノンペンの路上のホームレスとして生きる父子の姿を通して、彼らが抱える困難を映し出す「ABCなんて知らない」、ドゥテルテ大統領が権力の座について以来、フィリピン政府による麻薬撲滅キャンペーンのもとで横行する毎夜の人斬りの恐怖を描く「密告」ほか、インドネシア、マレーシア、ミャンマーを舞台にした3作品を上映する。

 京都での上映は12月7日(木)の13時30分から18時まで、場所は京都大学東南アジア研究所、稲盛財団記念館3階の大会議室。入場無料、申し込み不要、先着順入場。

 東京での上映は12月9日(土)の13時30分から18時まで、場所は新宿区の国際交流基金ホール、入場無料、申し込み優先。名前、所属、連絡先を明記のうえ、件名を「VDP2017東京上映会参加」として、指定アドレス(jfac_vdp_info@jpf.go.jp)宛にメールで申し込む必要がある。

 いずれも日本語と英語の逐次通訳・字幕があり、途中入退場可。

 今年度のプロジェクトでは、「東南アジアの都市生活」と題し作品を募集した。上映作品の選考は、カンボジアの巨匠リティ・パン監督も参加して行われ、厳正なる審査の結果5作品が選ばれたという。

 上映会には入選作の監督を招待し、コメンテーターを交えたトークやディスカッションも予定されている。

国際交流基金アジアセンターウェブページ:http://jfac.jp/culture/events/e-vdp2017/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ