企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

今一番食べて欲しい日本の逸品! フード・アクション・ニッポンアワードで選定

フード・アクション・ニッポンアワード 2017 最終審査会

 

 国産の農林水産物の消費拡大を推進する取り組み「フード・アクション・ニッポン」は、消費拡大に寄与する事業者・団体などから優れた取り組みを表彰する品評会を開いた。10月30日(月)には、リーガロイヤルホテル東京で「フード・アクション・ニッポンアワード 2017 最終審査会」が行われ、日本各地に隠れた “今一番食べて欲しい、おいしい日本の逸品”10産品を選んだ。

 選ばれたのは東急百貨店選定の「福島鰹 『京さわらの旨味だし』」やトランジットジェネラルオフィス選定の「田畑商店 『梨フルーツらっきょうディップ(わさび入りタルタルソース)』」、オンワードホールディングス選定の「一善や 『干柿と胡桃と無花果のミルフィーユ』」など計10産品。

 9回目を迎える本年度は、国内の食に関する大手企業のトップ10人が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品をコンテスト形式で発掘した。今回開催された最終審査会では、一次段階で絞られた100産品から、その背景にあるストーリーを基準に、最終審査委員がそれぞれ1社1産品、計10産品をその場で選定。一次審査を通過した応募者も最終審査会に参加し、自らの言葉で直接、審査委員にアピールするなど、熱気あふれる最終審査会となった。

 「野菜シート」(イトーヨーカ堂選定)で受賞したアイル(長崎県)の代表は、「20年かけてやっと販売に至った野菜シートです。野菜をそのまま使った、体にやさしい商品です」と話した。

 公式ウェブサイト上では、受賞10産品を除く90産品の中から選ぶ「消費者投票」が行われた。投票数の多かった「FAN特別賞」は「岡山ルートサービス『牛窓ホワイトマッシュルームの食べるドレッシング』」だった。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

2回戦の結果(6月6日開催)

川崎フロンターレ 3-2 ソニー仙台FC   水戸ホーリーホック 2-0 愛媛FC   湘南ベルマーレ 1-0 北海道教育大学岩見沢校   V・ファーレン長崎 2-1 松江シティFC &nb … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ