企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

花き栽培にAIやIoTの活用目指す ヤンマーが試験事業を開始

ヤンマー 「テストベッド」

 

 ヤンマーは、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用した次世代園芸システムの確立に向けた試験環境を滋賀県米原市に設置し、10月10日から運用を開始した。テスト期間は2020年9月30日まで。

 試験環境は「テストベッド」と呼ばれ、実際の運用環境に近づけた試験用プラットフォームで、総務省の採択を受けた事業という。

 この試験用プラットフォームは、消費者のニーズに合わせた栽培のコントロールを目指した研究に利用することが可能。温度や湿度などのセンシング技術とネットワークの信頼性検証に加え、遠隔制御して収集したデータを活用することで農作物の収穫時期や収穫量を予測することを目指すという。

 将来的には園芸分野だけではなく、農作物の生育状況をクラウドで一元管理できる農業プラットフォームの構築が期待できるとしている。

 日本では、農業人口の減少や就農者の高齢化による人手不足から農業の活性化が喫緊の課題だ。ヤンマーは、効率的で持続可能な農業を実現するため、ICT(情報通信技術)を活用した農業ソリューションの提供や技術開発に取り組んでいる。

 プラットフォームを、通信・IT業界などさまざまな企業が利用することで、農業ICT技術開発の加速や次世代施設園芸システムの確立、さらには新しいビジネスモデルの創出を目標にしているとしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ