企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

離島に行ってみませんか 長崎県が移住体験ツアーの参加者を募集

長崎県 「長崎のしまで暮らそう!働こう!移住体験ツアー」壱岐市 筒城浜海水浴場

 

 長崎県は、離島地域(五島列島・壱岐・対馬)を対象として羽田発着の移住体験ツアーの参加者を9月30日まで募集する。

 ツアー名は「長崎のしまで暮らそう!働こう!移住体験ツアー」で2泊3日。参加費2万円(航空運賃、現地の移動費、宿泊費、食費、税込み)という破格の料金となっている。ツアーを通じて、全国に国境離島地域の魅力を発信し、地域コミュニティーや産業の担い手確保に向けて移住を促進するのが狙いだ。

 日程は、10月27日~29日のAコース(五島列島:五島市、新上五島町)、11月3日~5日のBコース(壱岐・対馬:壱岐市、対馬市)となっている。 

ツアー申し込み(応募多数の場合は抽選):http://ktn-society.jp/nagasaki-iju/

 ツアーでは、求人中の企業や、起業した先輩移住者の店などを巡る「しまの見学会」に加え、先輩移住者・地域おこし協力隊員、地元企業・自治体の移住担当者など「地域住民との交流会」や、「住まいなど見学」を予定している。

 ツアー開催に先立ち、同県は離島地域の移住相談会を9月24日に東京・有楽町で実施する。会場は、東京交通会館8階のセミナールーム「ふるさと回帰支援センター」で、開催時間は12:30~17:00。地域の雇用や住まい、暮らしぶりなど現地の情報を詳しく紹介する、

 相談会の参加団体は、長崎市、佐世保市、平戸市、対馬市、壱岐市、五島市、南島原市、新上五島町、ながさき漁業伝習所(長崎県)、ながさき移住サポートセンターなど多数。

 今年4月、人口減少が進む国境離島地域の無人化を防ぎ国境離島を保全していくことを目的に有人国境離島法が施行。長崎県は、これを機会に航空路運賃などの引き下げや、島の地域資源を生かした雇用の場づくりなどに取り組んでいる。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ