企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

飲食業界の「ホワイト度」企業は? 残業時間や待遇満足度で調査

ヴォーカーズ 「飲食業界『ホワイト度』ランキング」

 

 ヴォーカーズ(東京都)は、「飲食業界『ホワイト度』ランキング」を8月29日に発表した。

 今回のランキングでは、同社が運営する就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」(https://www.vorkers.com/)に2015年以降に投稿(口コミ)された残業時間、有休消化率、待遇の満足度を100点満点化し「ホワイト度」を算出した。

 1位はハンバーグレストラン「びっくりドンキー」を展開するアレフ。2位にスターバックスコーヒーがランクインした。3位、5位、6位は、JR系列企業がランクインし、5位のジェイアール東海パッセンジャーズは残業時間が4.6時間と、ランクイン企業内で最も少ない結果となった。

 「待遇の満足度」評価の飲食業界平均は2.7と高くない中、1位のアレフが3.40、7位のシャノアール(カフェ ベローチェを展開)が3.10、11位の鳥貴族が3.11と3点を超える評価となった。飲食業界の平均残業時間(月)は48.0時間、有休消化率は26.7%。

 1位になったアレフ(北海道)の残業時間は18.4時間。有休消化率は61.0%とランクイン企業内で唯一6割以上の高さとなった。社員の口コミでは「法令順守」についてのコメントが多く、必ず年に2回は5連休を取るよう促されるというものもあった。

 2位のスターバックスコーヒーの残業時間は30時間以下、有休消化率は5割以上。徹底した労働時間管理を行い社員の「ライフ」時間の確保に努めていることがうかがえるという。

 データの集計期間は2015年1月~2017年7月。「Vorkers」に投稿された飲食・フードサービス業界の会社評価レポート3200件のうち、回答者数が10人以上ある企業を対象データとしている。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ