企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

2016年度、最も売れた医療用医薬品とは?

 

 クインタイルズIMSの日本法人アイ・エム・エス・ジャパン(東京都港区)は5月16日、2016会計年度(16年4月~17年3月)と17年第1四半期(1~3月)の日本医療用医薬品市場(薬価ベース)について、「クインタイルズIMSトップライン市場データ」として発表した。

 16年度の日本医療用医薬品市場は、10兆4307億4900万円で、前年比マイナス3.8%だった。薬効別の売り上げでは、トップがL01抗腫瘍剤で9745億8000万円(前年比14.5%)で、上位10の薬効の中で、唯一2桁成長を遂げた。

 医師に製品情報を説明する医薬情報担当者(MR)を通じて販促活動を行っている製薬企業上位20社の売上高は、昨年に続きファイザーが5753億5600万円(前年比マイナス6.9%)で1位だった。

 製品別では、C型肝炎治療薬ハーボニーハイゴウが1647億3600万円(前年比マイナス38.8%)で昨年に続き1位だった。免疫チェックポイント阻害薬オプジーボが1189億8600万円(前年比508.1%)で2位にランクインした。上位10製品の中で、前年比売り上げ増は、オプジーボと9位のイグザレルト(672億5200万円、前年比23.8%)の2製品だけだった。

 詳細は、http://www.quintilesims.com/

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

3回戦 ヴァンラーレ八戸vs名古屋グランパス 試合の取り扱いについて

 7月12日(水)、雷雨の影響により後半途中に試合中断後、試合中止となった「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 ヴァンラーレ八戸vs 名古屋グランパス(マッチナンバー【70】)」の試合の取り扱いについて、公益 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ