企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

安心してゴルフを楽しむには? 知っておきたいゴルフ保険

ゴルフ 「ゴルフなんてオヤジの趣味!」と思う人も多いかもしれないが、美人プロやイケメンプロの影響で、最近はゴルフに関心を持つ若い人も増えている。「社会人になったからゴルフを始めよう」とゴルフショップに出かけ、クラブをそろえた人もいるのでは。

 練習場で悪戦苦闘し、どうにか打てるようになれば、初心者ゴルファーでも「すぐにでもコースに出たい~」と思う。しかし「ちゃんと打てるようになった。仲間も集めた。コースも予約した。準備万端だ」と思うのは早計。楽しいはずのゴルフにも、実はさまざまな危険が待ち受けている可能性が。

 「プレー中に同伴者の打球が左目に当たり、失明。損害賠償額は4400万円」。これは以前、実際にあった事故。同伴者にボールを当てたプレイヤーは、多額の損害賠償をしなければならなくなる。

 普段はあまり意識しないかもしれないが、ゴルフは危険を伴うスポーツだ。

 自分の打球が同伴者や先行者を直撃し、相手がけがをしたり、時には失明させてしまったり。また、練習場でも、後ろに人がいることに気付かず、クラブを振って怪我をさせてしまうこともあるかもしれない。その結果、損害賠償請求訴訟になって「数百万円から数千万円の賠償」ということにもなりかねない。

「ゴルフが危険なスポーツであることは分かった。ではどうすればいいのか?」との疑問が湧いた人に紹介したいのがゴルフ保険。損害賠償を負わされるリスクを避けることができるのだ。

 ゴルフ保険には、

① 個人賠償責任保険(他人の身体や財物に対しての保障)
② 傷害保険(自分自身のケガの保障)
③ ゴルフ用品などを壊してしまったときの保険(自身のゴルフ用品の保障)
④ ホールインワン特約 アルバトロス特約(達成した際の祝賀費用)

などがある。

 多くの保険会社がゴルフ保険を販売している。自分にぴったりの保険を見つけるには、やはり各社の内容を比較することが必要だ。

 最近は、保険各社も問い合わせに対し丁寧に対応している。例えば、保険の総合代理店である保険の百貨店「日本保険サービス」では、メールや電話で、パンフレットを取り寄せてじっくり検討することも可能。もちろん、ホームページから申し込みをすれば契約できる。不明な点は電話やメールで質問可能だ。

 これからゴルフを始めようと思っている人は、万が一のリスクに備えるため、ゴルフ保険もチェックしておこう。

●保険の百貨店「日本保険サービス」WEBサイト:http://www.hokennohyakkaten.com/

フリーダイヤル 0120-853-984 (受付時間 月~土 10時~19時)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)の結果(9月20日開催)

松本山雅FC 0-2 ヴィッセル神戸 浦和レッズ 2-4 鹿島アントラーズ セレッソ大阪 1-0 名古屋グランパス 筑波大学 0-2 大宮アルディージャ 横浜F・マリノス 3-2 サンフレッチェ広島 AC長野パルセイロ … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ