hd_cat_release-news新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

次世代の高精細映像技術8K、実用化に向け着々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 電通は、次世代の高精細映像技術8K解像度で撮影したドラマ番組「囲むフォーメーションF」(約31分)を制作した。ヨーロッパで企画された舞台劇「囲むフォーメーションZ」を原作に、平面に並んだ九つの部屋で起こる事件を定点カメラによる俯瞰(ふかん)からの視点で眺め、8K解像度ならではの高精細映像が各部屋の細部や人の表情を映し出す。

 電通は2018年12月1日から順次放送が開始される8K放送への取り組みとして、15年から8K解像度映像を制作してきた。16年にはアニメーション「LOOP JAPAN」と、8K放送に対応される予定の22.2chサラウンドコンテンツ「ねこさがし~Finding Cats in 22.2ch~」を発表している。今回、初めて実写映像を撮影した。

 「囲むフォーメーションF」は、一般社団法人放送サービス高度化推進協会の16年度8K検証用コンテンツの一つとして採択されている。今後、試験放送での活用が計画されている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ