企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

「6人の奥方の城」の異名をもつ、数奇な歴史のあるお城「シュノンソー城」

フランスの城が多く集まるロワール川に少し変わった城があります。日本でも城主といえば男性をイメージしますね。シュノンソー城は「貴婦人たちの城」と呼ばれ、六人の奥方が代々城を守ってきたのです。そんなシュノンソー城とは、どんなお城なのでしょうか。

女性たちによる数奇な歴史のあるお城
「6人の奥方の城」の異名をもつ、数奇な歴史のあるお城「シュノンソー城」 画像1

カトリーヌ・ブリソネにより1513年に建設されたシュノンソー城。その後長らく国王の愛人だった永遠の美女と呼ばれるディアーヌ・ド・ポワティエによって、庭園やアーチ型の橋が作られました。フランス革命の際には多くのお城が取り壊される中で、5代目城主マダム・デュパンのおかげでシュノンソー城は破壊行為から守られたと言われております。修復などは行われていますが、現在も当時の姿が保たれているお城です。

湖に映る美しい城
「6人の奥方の城」の異名をもつ、数奇な歴史のあるお城「シュノンソー城」 画像2

シュノンソー城の魅力といえば、やはりロワール川にシンメトリーのように映る美しい姿。晴れた日は清々しいほど川に城が映えます。ルネッサンス様式のこのシュノンソー城は優雅で気品があるように感じられます。文豪フローベールが「その静けさは飽きることが無く、その憂愁たる姿は苦渋の色がない」と讃えたそう。心に焼きつくような美しさです。

(次のページに続く)

女性らしさが感じられる庭
「6人の奥方の城」の異名をもつ、数奇な歴史のあるお城「シュノンソー城」 画像3

「6人の奥方の城」の異名をもつ、数奇な歴史のあるお城「シュノンソー城」 画像4

シュノンソー城の庭を見ると他のお城の庭とは違うように感じられます。フランス式庭園とはいえ、例えば、ベルサイユ宮殿の庭と比べると、シンメトリーの庭であっても、女性らしさがあるように思われます。美しい花が庭を彩り、気品の中にどこか優しさが見え隠れする、そんな庭です。

城内
シュノンソー城の中に入ると当時の豪華絢爛さを堪能することができます。城内は絵画の巨匠作品や豪華な家具や調度品で装飾されていて、貴族文化を体験することができる場所なのです。

女性が代々城を守ってきたというその歴史も興味深い、シュノンソー城。ロワール川のお城散策には欠かせない場所です。

[chenonceau]
[france.fr]
[All photos by Shutterstock.com]

記事提供元:TABIZINE


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ