企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

マランツ、最新のアンプ技術を凝らした最上位プリメインアンプ「PM-10」発表

プリメインアンプ「PM-10」
プリメインアンプ「PM-10」

 オーディオブランドのマランツ(D&Mホールディングス 川崎市)から、プリメインアンプのトップモデルとなるPM-10が2月下旬に発売になる。これからの“10年の礎”となるべく、定評ある同社アンプ技術にさらに磨きをかけ、400W+400W(4Ω)という単体パワーアンプをも凌ぐほどの破格の大出力を達成するとともに、回路構成からデバイスまで高音質化を徹底している。価格は600,000円(税別)。

 型番の数字10には、マランツの歴史の中で栄光のナンバーといえる7、9に続く代表モデルになるという意味も込められており、昨年秋に発売のSACDプレーヤー/USB DACのSA-10(意欲的な自社開発のディスクリートDACを搭載)とともに新世代の同社コンポーネンツを構成する。

 設計のポイントは「大出力/駆動力」「フルバランス回路」「セパレート電源」の3点。まず、このため入力部/プリアンプ部がディスクリートによるフルバランス構成、パワーアンプ部もBTL(フルバランス)構成として、信号のプラス、マイナスをそれぞれ独立したアンプ回路で動作させることでノイズを打ち消すとともに、ノイズの飛び込みに強く、しかもハイパワーを得られるようにしている。先の桁外れともいえる大出力を達成したのは出力段に高効率なクラスDアンプ(デバイスは英国B&W社のサブウーファーなどで実績の高いハイペックス製)を採用したこと。しかもクラスDながらデバイスがアナログ入力をもっていて、マランツのアナログアンプ技術をフルに生かした高品位な駆動をおこなっているという。

 セパレート電源についても徹底していて、プリ部、パワー部はそれぞれに電源トランスをおごるだけでなく、パワー部の左右チャンネルも独立化されており、バランス回路と相まって高品位・大出力化を可能にしている。このほか、自社開発の高精度ボリューム回路、従来回路の単体モデルの弱点を改善する新しい回路方式を取り入れたフォノイコライザー(レコード再生に必須)など、意欲的な最新技術を取り入れている。

 ちなみに本機はハイエンド機のみに適用される、さらなる高品質を保証する国内白川工場での生産。主な仕様は、入力がフォノ1系統、ライン6系統(RCA×4、XLR×2)のほかパワーアンプダイレクトを装備。消費電力270W、サイズ・重量は幅440×高さ168×奥行453mm・21.5kg。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ