企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選

これからのシーズンは、冬ならではのお祭りが各地で開催されます。旅行ついでにお祭りに参加すれば、今年の冬の思い出をより鮮やかに彩ることができるでしょう。今回は無料で参加できる全国の冬のお祭りを5つご紹介します。寒い季節だからこそ、あえて旅に出て、旅先のお祭りに参加するのもいいものですよ。

十日町雪まつり(新潟県)
今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像1
(C)十日町雪まつり実行委員会

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像2
(C)十日町雪まつり実行委員会

2月17日(金)18:00〜19日(日)16:00まで開催される新潟県十日町の「十日町雪まつり」では、迫力満点の雪像が並ぶ「雪の芸術作品」や音と光のスペクタクル「雪上カーニバル」を見ることができます。雪像は細部にまでこだわって作られており、芸術性の高さ&迫力で感動しそうです。今年は70点もの雪像が並びます。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像3
(C)十日町雪まつり実行委員会

2月18(土)17:00~から開催される「雪上カーニバル」では、雪の大きなステージの上で、華やかなショーやミュージックライブを見ることができます。フィナーレでは、花火の打ち上げも! 真っ白な雪と色鮮やかな花火のコラボレーションは、夏の花火とはまた違った趣があり、煌びやか。また今年のステージは竜宮城をイメージしたものになるとのこと。想像しただけでも、最高にロマンチックな冬の夜を体験できそうですね。

さらに市街地や山間の全27か所では、「おまつりひろば」が開設され、郷土料理を味わったり、巨大な雪の滑り台を体験できますよ。「おまつりひろば」については、詳しくはこちらをご覧ください。新潟にスキーやスノボ、温泉旅行に行ったついでに立ち寄るのにも、もってこいのお祭りですね。

[十日町雪まつり]

横手の雪まつり(秋田県)
今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像4
(C)一般社団法人横手市観光協会

秋田県の横手市では2月14日(火)〜2月17日(金)まで「横手の雪まつり」が行われます。2月15日(水)、16日(木)の2日間は450年の伝統を誇るかまくらを開催。昔ながらの雪のかまくらで横手に住む子供たちがお餅や甘酒を振る舞ってくれます。ライトアップした近代的なかまくらは祭りも良いのですが、横手のように昔ながらのかまくらを体験するのもまた素敵です。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像5

(C)一般社団法人横手市観光協会

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像6
(C)一般社団法人横手市観光協会

かまくらの中に入って、まずは水神様にお賽銭を。それから、子供たちと一緒にかまくらを楽しめます。また横手では、市内一円に多くのミニかまくらが作られ、ろうそくを灯し、幻想的な雰囲気に・・・。2月14日(火)には雄物川町の民家苑木戸五郎兵衛村にて、かまくら撮影会も行われる予定。また2月16日(木)には「ぼんでんコンクール」、2月17日(金)には300年の歴史がある小正月行事「ぼんでん奉納」も開催され、男性が勇ましくぼんでんを担ぐ姿を見ることができます。

[横手かまくら]

(次のページに続く)

恩原高原氷紋まつり(岡山県)
岡山最大級のスキー場である「恩原高原スキー場」では、2月4日(土)に「恩原高原氷紋まつり」が開催されます。このお祭りの魅力は、雪ととことん遊べること。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像7
(C)鏡野町役場

雪合戦やソリ大会をはじめ、ビンゴゲームやステージイベントなど盛りだくさん! 鏡野町のご当地グルメも15店舗をこえるグルメテントで味わうことができます。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像8

(C)鏡野町役場

また見逃せないのがお祭りのフィナーレ。レーザーライトショー&5000発を超える花火の華麗なコラボを見ることができます。粉雪が舞い散る夜でも、美しい情景を目にすることができそうですね。カップルや家族でぜひ参加したいお祭りです。

[恩原高原氷紋まつり]

いいやま雪まつり(長野県)
今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像9
(C)いいやま雪まつり実行委員会

2月11日(土)、12日(日)の2日間、長野県飯山市では「いいやま雪まつり」が開催されます。長野県の最北端にある飯山市は豪雪地帯であると同時に数多くの温泉もある、癒されスポット。週末旅行で行くのにも最適です。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像10
(C)いいやま雪まつり実行委員会

「いいやま雪まつり」では、大迫力の雪像や幻想的な光を放つ雪見灯篭を見ることができます。雪像はメイン会場以外にも市内に点在し、雪像をチェックして歩ける「雪像ウォークラリー」も開催。市内全域がお祭りムード一色になります。さらに珍しい雪中御輿を見ることもできますよ。雪中御輿は街中を練り歩くので、「雪像ウォークラリー」をしている途中で出くわす可能性も大。

今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像11
(C)いいやま雪まつり実行委員会

メイン会場では、真冬の夜に炎を操り、汚れを払う「奈良沢大天狗」や「鬼島太鼓」のライブも見ることができます。2月11日(土)の20時00分から始まる「雪中色彩花火」も見逃せませんよ。「いいやま雪まつり」を思う存分、楽しんだ後、温泉に浸かるのもいいですよね。冬の癒しの旅を実現できそうです。

[いいやま雪まつり]

(次のページに続く)

冬の陣・かきまつり(石川県 能登半島)
今年こそ旅行ついでに訪れたい!2017年の見逃せない冬のお祭り5選 画像12
※画像はイメージです。

1月28日(土)、29(日)の2日間にわたり、石川県の穴水町では「冬の陣・かきまつり」が開催されます。寒い中で焼きたての新鮮な牡蠣を食べるのもまた一興!総延長400mのジャンボ炭火コーナーがあり、能登の冬の味覚「牡蠣」を心ゆくまで味わえます。牡蠣袋は1袋1000円と良心的価格。牡蠣好きなら、ぜひ参加したいお祭りですね。

また穴水町の海と山の幸を堪能できる「まいもん市」も出店します。牡蠣以外にも美味しい旬のご当地グルメを味わえるなんて、寒さを忘れて食に夢中になってしまいそうです。お祭りの会場は、役場近くの穴水湾「あすなろ広場」になっています。

[冬の陣・かきまつり]
[A photo by Shutterstock.com]

記事提供元:TABIZINE


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ