企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

究極の手作りチョコ 古代メソアメリカ方式!

カカオ豆と砂糖だけで作る「石臼挽きチョコレート」が完成!
カカオ豆と砂糖だけで作る「石臼挽きチョコレート」が完成!

 2月に向けて、チョコレートを使って手作りスイーツを作る人は多い。そのチョコレート自体を手作りする究極の企画がある。小田急百貨店新宿店で1月29日に開かれる「古代メソアメリカのチョコレート作り体験」だ。

ショコラミルイメージ
ショコラミルイメージ

 カカオ豆からチョコレートになるまでの製造工程を、一貫して行う「ビーン・トゥ・バー」が昨今人気。そこで、チョコレート作り専用の石臼「ショコラミル」を使って、その過程を楽しめるイベントがこの体験会だ。チョコレートが生まれた中南米(メソアメリカ)地方では、古くからトウモロコシやカカオ豆は、石でできた摩砕機を使って挽いてきた。そこで、それを日本の伝統的な食文化である手回しの石臼で再現すべく、広島の石材店と、チョコレートの研究に携わる広島大学名誉教授・佐藤清隆氏が「ショコラミル」を開発。イベントでは、このショコラミルを使って、カカオ豆と砂糖だけで作る「石臼挽きチョコレート」を作る。

 電子レンジなどで石をあたため、上部の投入口から砕いたカカオ豆と砂糖を入れて石臼を回すと、数分後に液体になったチョコレートが出てくる仕組みで、それを調温して型に流し込んで冷却し、完成したチョコレートを持ち帰ることができる。当日は、佐藤清隆教授からチョコレートの歴史などについて学ぶことができる。

チョコ作り体験イメージ
チョコ作り体験イメージ

 ●古代メソアメリカのチョコレート作り体験

日 時:1月29日(日) 午前10時~12時、14時~16時

場 所:新宿三葉ビル6階会議室(新宿小田急ハルク近く)

人 数:各回20人

参加費:3,000円(税込み)※エプロン、筆記用具持参

講 師:佐藤清隆教授

協 力:『LA CHOCOLATERIE NANAIRO』

申込み:1月11日(水)から先着順 03‐5325‐2329(販売促進部)

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ