企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ

私たちの心の中に巣食うモンスター。世界を旅するMahokoさんは、それを「思い込み」と教えてくれました。みなさんは日常でそのモンスターに気づけますか? 非日常である旅はそのモンスター気づきやすいのかもしれません。 -TABIZINE編集部-

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.1】 スーツケースひとつでどこまでも
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.2】 ハワイで出会ったオレンジジュース
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.4】 チャンスの女神が微笑むニューヨーク

ココロとカラダをゆるめる旅へ - 自分らしい人生を歩こう –
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像1

もともと濃い顔のわたし。

顔のパーツひとつひとつが大きく、はっきりしているので、どうメイクをしたらいいのかわからず、ファンデーションの匂いにも過敏で、顔に何かを塗るということができず、面倒くさがりで化粧直しということができなくて、ずっと化粧が苦手でした。

洋服が子どもの頃から好きでした。

アパレルで勤めていたことがありますが、人と同じものや、人に好まれやすいものを着るより、ちょっと変わった柄やデザインのものを選ぶことが多く、靴やバッグも好きで、一時期、靴を40足持っていたこともありました。

それが、ハワイで生活することを決め、スーツケース1個で渡米できるようになるべくものを減らすよう、いわゆる断捨離を始めたら、いらないものをどれだけ多く抱えていたかに気づいたのです。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像2
(C)Magic Yoga Studio
Diamond Head State Monument, Oahu Island(Hawaii)

化粧をしないのに、いつかするようになるかもと、化粧ポーチに入れたまま放置していたり、洋服も靴もバッグも、普段使わないものの方が多かったり。

そんな「買うことの満足感」を満たすだけの、そして「持っているだけで安心」な物の多さにうんざりし、ココロもカラダもスリムになりたいと、ハワイ行きをきっかけに思いきってほとんどの物を譲ったり処分したりしたのでした。

ハワイに渡ってからも、限りある予算のなかで、なるべく物を買わないよう、増やさないように知恵を絞りながらの生活。

メイクは、薄く日焼け止めと保湿リップを塗るくらい(日焼け止めすら忘れてしまうこともたびたび)。洗顔料すら買わないようになって、洗顔はぬるま湯と冷水で洗うのみ。

洋服は格安のキャミソールとヨガウェアのパンツを数本のみ。靴は必要なく、ビーチサンダルや楽なサンダルとスニーカーがあれば十分。

幸い、もともとクラブやパーティーのような夜の楽しみを好む生活ではなかったので、かわいいサンダルやお洒落な靴も必要なし(ハワイも四季はあるので、冬になるとロングブーツを楽しむ人もいますよ)。

(次のページへ続く)

■あわせて読みたい

【世界の美意識】日本、アメリカ、フランス、中国、韓国、アイメイクの違い
1月31日まで!アンケート回答で台北往復航空券をプレゼント!
フランス人はミニスカートをはかない〜フランスと日本のおしゃれ5つの違い〜
エレガントなフランス人は噂話をしない〜フランス流洗練された女性とは〜

ココロに巣食う「思い込み」というモンスター
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像3

Pele’s Chair, Oahu Island (Hawaii)
(C)Magic Yoga Studio

日本にいた頃は、ひとの目が気になって、二の腕が出るタンクトップやキャミソールなんて着たことも買ったこともなかったのに、ハワイでは人の目を気にせずに着られる心地良さ。

あんなに日本で居心地悪く感じていたのはなんだったんだろう?
今となっては、不思議です。

きっと自分自身でつくりだしていた思い込みのモンスターが勝手に暴れ、「ひとの目」や「居心地悪さ」を敏感に意識しすぎてしまう状態に、自ら溺れてしまっていたのかもしれません。

アメリカで見つけたのは、誰にも気にされず、しなくてもいいことはしなくていられる自由さと、物への執着から解き放たれて、自分に必要な物だけを選択できる自由さ。

人と同じでいられない。
人と同じことに違和感を感じてしまう。

その日本で感じていた窮屈さから抜け出し、個性をそのまま重んじる自由と、違いを互いに認め合い、受け入れ合う多様性に出会ったことで謎のモンスターは追い出され、もう人の目を気にすることはなく、日本でも、ニューヨークでも、TPOや生活環境に適応した最低限の持ち物で、ひとの目を気にせずに自分の個性を活かした振る舞いができるようになりました。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像4
Kauai Island (Hawaii)
(C)Magic Yoga Studio

人間も自然の一部です。

ハワイに限らないことだと思いますが、大自然を目の前にすると、ココロもカラダも丸裸になれて大きく伸びをしてココロを開放したくなります。

自然と同調して、自然との調和を感じることで得られる幸福感。
ありのままの自分まるごとを認めて受け入れてあげられる安心感。

なにより、大自然に対してちっぽけな自分の存在を認識することで、ちっぽけな自分でも、何かの目的のために生まれ、生かされていることへの感謝を感じることができるのが旅のひとつの醍醐味かなと思います。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像5

Hanauma Bay Ridge Hike, Oahu Island (Hawaii)
(C)Magic Yoga Studio

(次のページへ続く)

■あわせて読みたい

海外で不思議がられる日本人観光客の服装6選〜トラブル防止にチェック!〜
ありえない!日本人がNZで驚いたこと5選〜レストランでも裸足が大好き!〜
「誰だって大歓迎だよ!」悩みや辛さが、人の痛みを理解する優しさに変わる街

Mahokoさんが大切にする「旅の合言葉」とは?

ハワイはありのままの自分自身でいられる場所ということを、実生活を始めてなおさら実感し、毎日活き活きと笑えている自分に「もっともっとここで暮らしていたい」という想いがどんどんふくらんでいったため、長く住むための努力ができたのだと思います。

旅や海外生活は、自分の欲しいもの、やりたいことがはっきりしてきます。
訪れなければ知りようがないこと、確かめられないことがたくさんあります。

実際にその土地土地の風、空気、太陽のあたたかさを肌で感じ、雨の音、小鳥のさえずり、人のざわめきを耳で聞いて、ポジティブな言葉を口から発していくことで、自分の人生は、よりシンプルで、深く、おもしろみのあるものになっていきます。

合い言葉は、「荷物を減らして旅に出よう」。
必要なものは熱い想いとパスポートと裸の笑顔で「ハロー!」。

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.5】すっぴん、ビーチサンダル、裸の笑顔で過ごすハワイ 画像6

Jamba Juice, Oahu Island (Hawaii)
(C)Magic Yoga Studio

Mahoko Hart
Magic Yoga Studio
https://magicyoga.wordpress.com/

■バックナンバー

ココロとカラダをゆるめる旅【vol.1】 スーツケースひとつでどこまでも
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.2】 ハワイで出会ったオレンジジュース
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.3】 耳栓とハワイの夜
ココロとカラダをゆるめる旅【vol.4】 チャンスの女神が微笑むニューヨーク

[All Photos by Magic Yoga Studio]
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。
Do not use images without permission.

■あわせて読みたい

1月31日まで!アンケート回答で台北往復航空券をプレゼント!
海外で不思議がられる日本人観光客の服装6選〜トラブル防止にチェック!〜
シンプルで幸せな毎日を送るために覚えておきたい10の「禅語」

記事提供元:TABIZINE


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ