企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編

TABIZINEライターの目黒沙弥です。快適な1日のスタートに欠かせない朝ごはん。世界の人たちはどのようなものを食べているのか、気になりませんか? 旅行の際にはぜひ味わってみたい、世界の朝ごはんをお届けします。

総じて陽気でのんびりした人が多く美しい自然の残る国、南米「コロンビア」。地球の裏側にあり多くの人にとっては未知の国でもありますが、意外にもコロンビアに根付く食文化は日本人の舌には合うものばかり。ただ少し予想外だった、驚く発見もありました。そんなコロンビアで目にした不思議発見を、現地からレポートしたいと思います。

コロンビアの食卓を支える「ソパ」の存在
【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像1
(C)Saya Meguro

コロンビアに住む人たちの朝食には欠かせない、スープ料理。スペイン語で「スープ」のことは「ソパ」と呼び、ソパの中でもこの「カルド・デ・コスティージャ(Caldo de costilo)」というものは代表作の一つとして知られています。家庭や地域、お店によって味付けは変わりますが、大体共通しているのは牛肉や豚肉などのあばら付き肉や玉ねぎからとった出汁にポテトを入れ煮込み、味付けとしてパクチーやクミンといったような香辛料を入れて仕上げる場合が多いこのソパ。

筆者が初めて食したときは「なんだか東南アジアの味付けみたい・・・」と思ったのは、パクチーの味が効いていたからかもしれません。地元の人いわく「二日酔いにも効く」そうなので、コロンビアで飲みすぎたときはこのカルド・デ・コスティージャに頼るのも手ですね。

腹持ちさせたいなら・・・
【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像2
(C)Saya Meguro

これは「Sancocho(サンコーチョ)」というソパの一種。ただカルドよりは人参や芋、豆などたっぷりの野菜を長時間煮込んでいるため、トロッとした口当たりが印象的の腹持ちの良いスープです。煮込んだ過程で完成したぷるぷるのコラーゲンが付きの骨つき豚肉を入れている場合が多いので、女性には嬉しい美肌効果も期待出来ます。

基本的にはサンコーチョのみで朝食を済ませる人も多いですが、それでも足りない地元の人はこれに日本米よりも水分の少ない「アロス(米)」を頼み、トマトや唐辛子、薬草などを混ぜて作った「ピカンテ」という手作りのスパイスをかけて食べるのが主流です。

コロンビア人の国民食「タマーレ」
【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像3
(C)Saya Meguro

コロンビアに着いたときに筆者が拙いスペイン語で「ご飯的なものを・・・。」とお願いすると出てきたのは、バナナの葉っぱに包まれたもの。どうやって食べたら良いのか戸惑っていると、お店のスタッフが「めくるんだよ!」とジェスチャーで教えてくれました。そして言われるがままめくってみるとそこにあったのは・・・?

【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像4

葉をめくると早速姿を現わしたのは、「黄色いおにぎり」のような物体。作り手によって細長いものから、おにぎり型に丸く包まれたものまで様々ですが、これこそがコロンビア人の生活に欠かせない「タマーレ(Tamale)」という国民食なんです。これはチキンや卵、人参やポテトなどをアロス(米)と一緒に混ぜ、それから挽いたトウモロコシの粉でおにぎりを作るように丸く握り、最後にバナナの皮で覆い蒸したもの。

少しだけちまきにも似た料理過程ですが、絶妙な味付けと一度にバランス良く栄養素が摂れることで、日本人観光客にも大人気です。しかも地元の大衆レストランでは一食平均100円前後で食べられてしまうので、旅行中は何かとお世話になるこのタマーレ。どこへ行ってもメニューにある便利も関係して、多くの人に愛されています。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
【気になる世界の朝ごはん】朝食は「午前中に2回」も! スペイン編
【気になる世界の朝ごはん】伝統的イギリス料理イングリッシュ・ブレックファスト
【気になる世界の朝ごはん】行列のできるビスケット屋。アメリカ・シアトル編
【気になる世界の朝ごはん】朝食から甘いものが好き。 フランス編

激安ストリートフード「コロンビア版炊き込みご飯」
【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像5
(C)Saya Meguro

これはコロンビアで見かけたストリートフードの「アロス・コン・ポーヨ(Arroz con pollo)」。アロス(米)に細かく切った鶏肉、パプリカ、にんにく、パクチーなどを混ぜて炊き込む、まさにコロンビア版の炊き込みご飯です。

筆者が道端で購入したとき(2016年12月)には一皿一食100円以下というなんともお財布に優しい激安価格で驚きましたが、肝心の味はというと・・・食べてびっくり。醤油を使用していないのに、なぜか慣れ親しんだ日本の炊き込みご飯の味にかなり近く、おかわりしたいほどに美味しかったです。売り切れ間近に行くとしてくれる、おこげの山盛りも嬉しいサービスです。

砂糖たっぷりが「コロンビア流」!?
【気になる世界の朝ごはん】日本人の舌に合うものばかり!コロンビア編 画像6

朝食の後にはゆっくりと美味しいコーヒーを一杯飲んで仕事に向かうコロンビアの人たち。コロンビアを旅する前は「コロンビア人は毎日美味しいコーヒーを飲んでいるんだろうな」なんて羨ましく思っていた筆者ですが、実際のところコロンビア人は甘党派が多く、インスタントコーヒーに砂糖たっぷり、更にミルクも足して飲む人の方が圧倒的に多いのが実情です。良質なコーヒーの産地として名を馳せるコロンビアですが、「インスタントコーヒーを砂糖たっぷり」で飲むのがコロンビア流なんですね。

他にもオムレツが乗ったご飯やチーズとコーンを混ぜたパンなど、とにかく朝食のレパートリーが多いコロンビア。「ジャパニーズは日本食に依存している」と言われることも多い私たち日本人ですが、そんなコロンビア料理の数々は料理に強いこだわりを持つ日本人の舌にも合うものばかりです。コロンビアへ旅行へ行く際には、甘いコーヒーと美味しい朝食で、清々しい一日をスタートさせてみてはいかがでしょう。

[Photos by Saya Meguro & Shutterstock.com]

■あわせて読みたい
【気になる世界の朝ごはん】朝からチョコレート粥!? フィリピン編
【気になる世界の朝ごはん】甘党派も塩味派も大満足!シンガポール編
【気になる世界の朝ごはん】スパイシーな刺激で眠気スッキリ! マレーシア編
【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

記事提供元:TABIZINE


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ