企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

JVCとKENWOODから幅11cmの手のひらサイズ超小型コンポシステム Bluetoothやハイレゾ再生対応

JVC EX-NW1(上)とKENWOOD KA-NA7/LS-NA7
JVC EX-NW1(上)とKENWOOD KA-NA7/LS-NA7

 JVCケンウッドは、JVCとKENWOODの各ブランドから、手のひらサイズの小型センターシステムと組み合わせたオーディオシステム「JVC EX-NW1」(市場想定価格65,000円前後)を12月上旬、「KENWOOD KA-NA7」(プリメインアンプ 同38,000円前後)と「同 LS-NA7」(スピーカー 18,000円前後)を、11月下旬に発売する。

 センター部は共通のデザイン(ロゴは各ブランド)とパフォーマンスをもつ。幅11cm、高さ5cmのコンパクトボディーにフルデジタルアンプを搭載し、細部は組み合わせるそれぞれのスピーカーに合わせてチューニング。オーディオ専用パーツ類も使いながら、高域まで伸びやかなサウンドを目指す。機能も今様で、NFCにより簡単ペアリングのBluetoothでスマホやタブレットからの再生、192kHz/24bitのハイレゾ音源も聴けるUSBメモリー再生やPCからの音楽再生が楽しめる。出力10W+「10W、サイズ・重量はEX-NW1が幅110×高さ51×奥行182mm・425g、KA-NA7が幅110×高さ50×奥行179mm・430g。

 KENWOODはセンターとスピーカーが別売。スピーカーLS-NA7は8cmピュアパルプコーン・ウーファーとドーム・トゥイーターで構成した2ウェイ・バスレフ型システムで、トゥイーターはハイレゾ再生にも効果的な高域特性40kHzを得ている。インピーダンス6Ω、感度81dB、サイズ・重量は幅102×高さ181×奥行158mm・1.7kg。

 一方のJVCブランドEX-NW1のスピーカー部は専用に開発した口径3cmウッドコーンスピーカーを使い、“名刺サイズ”に小型化。背面の4cmパッシブラジエーターを配置して低音域の拡大を図っている。また内部は楽器と同じ響棒、スピーカーの不要な共振を抑えるメイプル材ウッドブロックなどで独自のチューニングを行い、スピーカーベース(置台)を付属する。サイズ・重量は幅76×高さ131×奥行110mm・520g。

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ