企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース
記事提供元:TABIZINE

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像1

これから忘年会・新年会のシーズンを迎えると、お酒を飲む機会も増えるのではないでしょうか。だめだと分かっているのに、ついつい飲みすぎてしまうことってありますよね。そして次の日に二日酔いで後悔したり。Barやクラブなどのナイトライフが充実しているオランダの首都アムステルダムでも、そんな飲みすぎた次の日の悩みは共通のよう。そんなアムステルダムに、二日酔いや飲みすぎた人だけが入れるBarがオープンし、話題を呼んでいます。

緑のオアシス「Hangover Bar」

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像2
(C)facebook/Matt Sleeps

それがここ、「Hangover Bar」。日本語にすると、そのまま「二日酔いバー」という意味です。天窓から降り注ぐやさしい光と、観葉植物のグリーンに囲まれた、気持ちよさそうな空間ですね。そして中央に設置されているのは、大きなソファ…ではなく、ベッドです。

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像3
(C)facebook/Matt Sleeps

そう、この「二日酔いBar」には、飲みすぎた人が二日酔いを癒すための場所なのです。アイマスクやスリッパなどのアメニティも充実していて、まるでホテルのようです。

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像4
(C)facebook/Matt Sleeps

そしてBarを名乗るからには、ドリンクスタンドも。スムージーなどのソフトドリンクを取り扱っています。

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像5
(C)facebook/Matt Sleeps

スムージーのビタミンが、飲みすぎた後のカラダにしみわたりそうです!

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像6
(C)facebook/Matt Sleeps

そして、室内中央の噴水では飲料水を自由に汲み放題。いくらでも水分補給できそう!

日本にも上陸して欲しい!アムステルダムに「二日酔いBar」がオープン 画像7
(C)facebook/Matt Sleeps

二日酔いBarのサービスは、飲み物ばかりではありません。こんな近未来的なスタンドでも、驚きのサービスが受けられます。

記事提供元:TABIZINE


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ