企業・商品ニュース
新商品、新サービスや企業情報を束ねたビジネスニュース

2017年注目のスーパーフード「レッドフルーツ」!気になるトップ10は?

 レッドフルーツ(アセロラ、ゴジベリー)

レッドフルーツ(アセロラ、ゴジベリー)

 

 チアシードやココナッツオイルなど、ダイエットや生活習慣病・認知症予防に効果的といわれる“守り”のヘルシー系スーパーフードに人気が集まった2016年。来年は、何に人気が集まるのだろう?日本スーパーフード協会が、アメリカ支部のリサーチと今年の流行から「2017春夏トレンド予測 スーパーフードランキングTOP10」を発表。その結果によると、来年は、美肌や美白、アンチエイジングを目的とした“攻め”のビューティー系スーパーフードに注目が集まりそうなのだとか。早速、ランキングを見てみよう。

・第1位「レッドフルーツ<アセロラ、ゴジベリー>」
アセロラ果実はレモン果汁の約34倍のビタミンCと抗酸化作用を持ち、ゴジベリーはベータカロテンやゼアキサンチンなどを含む。

・第2位「青いスーパーフード<進化系スピルリナ>」
藍藻類の一種。アミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維、不飽和脂肪酸など50種以上の栄養と健康成分があり、理論上はスピルリナだけを食べていても生きていける、といわれるスーパーフードの王様。

・第3位「酸化しないスーパーオイル<米ぬか油>」
コレステロール低下作用があるガンマオリザノールを含む、ぬかから抽出した酸化しないスーパーオイル。

・第4位「MUGIGOHAN<大麦(もち麦)>」
腸内環境を整え善玉菌を増やすプレバイオティクスの機能がある水溶性食物繊維のベータグルカンを多く含む。

・第5位「プラントウォーター<メープルウォーター、バーチウォーター>」
ミネラル豊富でデトックス効果が期待される、植物から採れる液体。無加糖なのに、自然な甘さで低カロリー。

・第6位「カカオニブ」
カカオ豆を砕いて皮を取り除いた豆の胚乳部分。エイジングケアに有効とされる抗酸化作用のある高濃度カカオポリフェノールとリラックス効果をもたらすテオブロミン、高揚感や幸福感をもたらすという脳内物質のフェニルエチルアミンを含む。女性の体と心に効くハッピースーパーフードとも。

・第7位「シーバックソーン」
別名「サジー」。オメガ3系やオメガ6系の必須脂肪酸のほか、ビタミンCや鉄分、ポリフェノールが豊富に含まれる。

・第8位「進化系チアシード<ローストチア>」
通常のチアシードと異なり、加熱してもオメガ3の含有量に変化がないのが特長。膨らまない上、香ばしい風味があるため、炒りごまのようにさまざまな料理に使える。

・第9位「ビーポーレン」
蜂が集めた花の蜜と花粉を、自らの酵素で丸めたもの。たんぱく質やビタミン、ミネラル、酵素などを多く含む。アメリカでは、少しずつ体内に取り込むことで体を花粉に慣れさせてアレルギーの発症を抑える方法も研究中だとか。

・第10位「スプラウテッド・アーモンド」
生のアーモンドを水に浸して発芽させたもの。発芽させることで栄養価を高め、酵素を温存しているのが特徴。

 よく耳にするものもあれば、初めて耳にするものも。気になるものがあったら、ぜひチェックしてみて!

 


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ