プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Arcelik

BekoとGrundigの親会社Arcelikが世界初のFiberCatcher(R)技術搭載洗濯機でReal Leaders Eco Innovation Awardsのトップ3入り

AsiaNet 96894 (1578)

【ロンドン2022年7月7日PR Newswire=共同通信JBN】Real Leaders(R)は今週、社会的影響力のあるエグゼクティブのグローバルコミュニティーに第1回Eco Innovation Awardsを発表し、BekoとGrundigなど大手家電12ブランドの親会社Arcelikが世界初の総合FiberCatcher(R)技術を搭載した洗濯機でトップ50リストの3位にランク付けされた。

Real Leaders(R)のEco Innovation Awardsは、より健康的な地球に積極的貢献をした製品、プロジェクト、イニシアチブを認定し、環境に影響を与えたその功績をたたえる。エントリーは、創造性、革新、独創性、測定可能な影響、および環境課題解決に役立つ能力で判断される。

重要な問題の1つは、水中に見られる最もまん延したマイクロプラスチックの合成マイクロファイバーで、海洋マイクロプラスチックの約33%を占めている(リソース1)。マイクロプラスチック廃棄物増大と闘うため、Arcelikは革新的なFiberCatcher(R)技術を開発した。FiberCatcher(R)技術搭載の洗濯機は、衣類から出る合成ファイバーの最大90%を捕らえる世界初の総合合成マイクロファイバーろ過システムで、河川、大洋、海洋生物の保護に役立つ。

さらに、リサイクルPET洗濯槽で製造された各FiberCatcher(R)洗濯機には最大60本のリサイクルボトルが含まれ、プラスチック廃棄物を削減する。

ArcelikのHakan Bulgurlu最高経営責任者(CEO)は「われわれのイノベーションがReal Leadersに認定されて光栄であり、受賞者仲間と共にいることをうれしく思う。気候危機は現代の最も差し迫った問題で、われわれは持続可能な未来を確実にするため、創造的、革新的なソリューションと協調的な行動を必要としている。当社のFiberCatcher(R)技術は、合成ファイバー廃棄物の河川漏出を防ぐ世界初のイノベーションであり、最大級の環境課題に向けた効果的で具体的なソリューションを開発し、より持続可能なライフスタイルを送るよう周囲を励ますわれわれのコミットメントを示している」と語った。

▽Arcelikについて
Arcelikは世界中で4万人以上を雇用し、世界的な事業体制は52カ国の子会社、9カ国、28カ所の製造施設、12のブランド(Arcelik、Beko、Grundig、Blomberg、ElektraBregenz、Arctic、Leisure、Flavel、Defy、Altus、Dawlance、Voltas Beko)を擁している。Arcelikは市場シェア(数量ベース)が欧州2位の白物家電企業で、2021年の連結売上高は65億ユーロに達した。Arcelikが世界28カ所に配したR&D・デザインセンター/オフィスには2200人を超す研究者がおり、現在まで3000件を超える国際特許を出願している。

Arcelikは2021年、S&P Global Corporate Sustainability Assessmentの Dow Jones Sustainability Indexで、3年連続でDHP家庭用耐久財部門の最高得点を達成した。Arcelikはネットゼロ達成のための持続可能性と信頼できる脱炭素ロードマップのリーダーシップの地位により、英国皇太子から「Terra Carta Seal(テラカルタ勲章)」を授与された業界初かつ唯一の企業となった。Arcelikは「Respecting the World, Respected Worldwide(世界を尊重し、世界で尊重される)」を使命にしている。www.arcelikglobal.com/en

▽Grundigについて
Arcelikの国際家電ブランドGrundigは、エンターテイメント電子機器、小型電気製品、主要家電製品の世界的大手メーカーの1社である。Grundigは77年に及ぶ市場経験、ユーザーフレンドリーでエレガントなデザイン、環境意識、高い基準、品質管理などのブランド属性に忠実であり続け、持続可能な未来は家庭から始まると考えている。Grundigはこのビジョンをサポートするため「Respect Food(食品を尊重する)」イニシアチブを開始した。キッチンの廃棄物対策を示し、革新的な製品を通じて、誰もが食品廃棄と闘うよう喚起することを目指すものである。Grundigは持続可能なパートナーシップとコミュニケーション、エネルギー効率の良い製品の開発、循環型経済に焦点を合わせたイノベーション手法、その他の持続可能性の柱によって、持続可能なビジネス慣行の責任を果たし、親会社に大きく貢献している。Grundigは同時に、顧客がより持続可能な生活を送れるよう力づけている。

▽Bekoについて
BekoはArcelikの国際家電ブランドであり、世界で12ブランドを展開し、4万人以上を雇用している多国籍の家電メーカーである。Bekoは欧州でトップ3に入る大型家電ブランドである(注)。このブランドは男子バスケットボールチームFenerbahceのネーミングパートナーであり、欧州1部リーグ(LEC)の公式サプライヤーである。Bekoは長年、健康的な生活に焦点を合わせ、意識を高め、健康的な生活を可能にして快適にする製品を開発してきた。Bekoのブランドミッションは「healthy living is only possible on a healthy planet(健康的な生活は健康的な地球に限り可能)」である。Bekoはエネルギー効率の良い製品を設計・製造し、生産の資源効率に投資することで地球保護にコミットしている。

(注)Source Euromonitor International Limited; Large Appliances;2022年家電製品の「主要家電」に準拠した大型家電、小売量、2021年データ

▽Real Leadersについて
Real Leaders(https://real-leaders.com/ )は、好ましい変化の推進に努めるグローバルメディア・プラットフォームのインパクトリーダー向け会員制コミュニティーである。先見の明のあるリーダーを結集し、われわれの近視眼的世界を転換することが使命である。2010年創設のReal Leadersは肝心な点として、企業が従業員、社会、地球に対する影響に気付く責任を負っていることを早くから認識していた。Real LeadersはBコーポレーションであり、国連グローバル・コンパクトメンバーの独立系企業である。

リソース
1)Plastic Soup Foundation, The Invisible Threat: Microplastics from Your Clothes

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1854598/Arcelik_1.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1854599/Arcelik_2.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1653921/Arcelik_Logo.jpg

ソース:Arcelik

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ