プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

SS&C

シンガポールで開催したSS&C Blue Prism Worldで、インテリジェントオートメーションの地域でのミッションクリティカルな役割を紹介

AsiaNet 96897 (1580)

【ウィンザー(米コネティカット州)2022年7月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*SS&C Blue Prismが初開催のアジア太平洋Blue Prism World On Tour 2022で、アジア太平洋地域におけるインテリジェントオートメーションの重要な機会と革新的なユースケースを公開した

SS&C Technologies Holdings, Inc.(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=1491301658&u=https%3A%2F%2Fwww.ssctech.com%2F%3Futm_campaign%3DSSC2022-Enterprise-Press-Release-0522%26utm_medium%3Dpressrelease%26utm_source%3Dprnews%26utm_content%3DBlue-Prism-Desktop&a=SS%26C+Technologies+Holdings%2C+Inc. )(Nasdaq: SSNC)は7日、SS&C Blue Prism(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=1288135172&u=https%3A%2F%2Fwww.blueprism.com%2F&a=SS%26C+Blue+Prism )が、アジア太平洋地域におけるロボティックプロセスオートメーション(RPA)とインテリジェントオートメーション(IA)による労働力の未来を後押しし、再考するため、シンガポールで初のAPAC会議、アジア太平洋Blue Prism World on Tour 2022を7月6日に開催したと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/692536/SSC_Logo.jpg

このハイブリッド会議には、アジア太平洋地域(APAC)の医療、製造、金融サービスなどの重要な産業の上級管理職130人が直接参加し、300人以上がバーチャル参加した。この会議は、RPAとIAの好機、最新トレンド、革新的なユースケースについて議論することを目的とし、Schroders、Advantest、National Australia Bank、ニュージーランド航空から講演者を迎え、RPAとIAソリューションがいかに自社の業務を変革しているかを共有した。

SS&C Blue PrismのAPACの最高執行責任者(COO)であるSunny Saha氏は「オートメーション、イノベーション、デジタルトランスフォーメーションにおけるテクノロジーリーダーたちが、オートメーション技術の可能性を引き出すための自分たちの視点や革新的な方法を共有するのを目の当たりにして、心強く思っている。未来のアジャイルな企業を構築するためには、人とインテリジェントオートメーションの協調的な力を活用する必要がある。当社は、顧客の能力と競争力を高めるためにクラス最高のサービスを提供することにコミットしている」と述べた。

この会議で注目されたのは、SS&C Blue PrismのAPACの金融サービス担当バイスプレジデントであるRobert Dewar氏、Siam Commercial BankのFSVPでトランスフォーメーション責任者であるWisanu Sricharoen氏、Schrodersのオペレーションイノベーション担当オートメーションマネジャーであるHokito Salim Lew氏、Midland Credit Managementのビジネス戦略・グローバルオペレーションサポート担当バイスプレジデントであるShantanu Dey氏によるパネルディスカッションである。講演者の全リストは、こちら(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=3096966674&u=https%3A%2F%2Fbpwotapac.com%2Flive%26gala%2Fagenda.php&a=here )を参照。

多くのAPACの企業がパンデミック後の世界でより良い再建を目指す中、オートメーションが組織全体の生産性を高める最大の原動力の1つであり、デジタルとビジネスのトランスフォーメーションにおいて戦略的役割を果たしていることを踏まえると、こうしたディスカッションは時宜を得たものだ。

▽Customers Excellence Awards(カスタマーズエクセレンスアワード)の受賞者

Blue PrismのRPAとIAソリューションの卓越したイノベーションと変革をもたらす利用法によって、毎年恒例のBlue Prism Customer Excellence Awardsの受賞者が会議の席上で発表された。

APACの受賞者は以下の通り。

*Head of Intelligent Automation of the Year(最優秀インテリジェントオートメーション):シドニー大学のSteve Blunt氏
*Total Transformation APAC(トータルトランスフォーメーションAPAC):Westpac Banking Corporation
*Innovation Excellence APAC(イノベーションエクセレンスAPAC):Midland Credit Management
*ROM Excellence APAC(ROMエクセレンスAPAC):シェル
*Pinnacle Award(ピナクルアワード):Exec’s Choice APAC(エグゼクティブチョイスAPAC):Westpac Banking Corporation

SS&C Blue Prismは、進行中のCSRコミットメントの一環として、出席者1人につき25ポンド(36シンガポールドル)、バーチャル出席者1人につき5ポンド(7シンガポールドル)をInternational Rescue Committee(国際救済委員会)(IRC)に寄付することを表明した。

SS&C Blue Prismは、先進的なエンタープライズインテリジェント・オートメーションテクノロジーを世界中に提供し、安全で拡張性の高いインテリジェントなデジタルワークフォースによる仕事の進め方を顧客が再考する後押しする。デジタルワークフォースは、効率を高め、運用コストを削減し、膨大な時間をスタッフに還元して最も重要なことに集中させる。

▽SS&C Technologiesについて
SS&Cは、金融サービスおよび医療業界向けのサービスとソフトウエアのグローバルプロバイダーである。1986年に設立されたSS&Cは米コネティカット州ウィンザーに本社を置き、世界各地にオフィスを構えている。世界の大企業から中小企業に至るまで、約2万の金融サービスと医療機関が、専門知識、規模、技術に関してSS&Cに信頼を寄せている。

SS&C(Nasdaq: SSNC)の詳細は、www.ssctech.com を参照。

以下でSS&Cのフォローを。Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=1943992783&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fssctechnologies&a=Twitter )、LinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=2555705809&u=http%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompanies%2Fss-c-technologies&a=LinkedIn )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3587770-1&h=2546934286&u=http%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpages%2FSSC-Technologies-Inc%2F191750415876&a=Facebook )。

ソース:SS&C

▽問い合わせ先
Patrick Pedonti
Chief Financial Officer
SS&C Technologies
Tel: +1-860-298-4738
E-mail: InvestorRelations@sscinc.com
Justine Stone
Investor Relations
SS&C Technologies
Tel: +1- 212-367-4705
E-mail: InvestorRelations@sscinc.com

▽メディア問い合わせ先
WE Communications
SSC Blue Prism代理
Sherilyn Yeo / Ang Ki Kym
WE-APACBluePrism@we-worldwide.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ