プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

帝国ホテル 大阪

夏のパフェとパンケーキ 7月1日(金)開始

フレッシュな無花果とベリーを合わせたパフェと、みずみずしい桃にヨーグルトのクリームを添えたパンケーキ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222847-O3-349R01Z6
       無花果とベリーのパフェ                       桃とヨーグルトのパンケーキ

 

 帝国ホテル 大阪(総支配人:幸田雅弘、大阪市北区)は、カジュアルレストラン「カフェ クベール」(2階)にて、「無花果とベリーのパフェ」と「桃とヨーグルトのパンケーキ」を2022年7月1日(金)~8月31日(水)にご提供します。
 パフェには無花果とフランボワーズのシャーベットを使用し、パンケーキは甘みと酸味の絶妙なバランスをお楽しみいただけます。暑い夏にさっぱりと味わっていただける季節のフルーツを使用した新作スイーツです。

「夏のパフェとパンケーキ」の概要は以下の通りです。

 
<夏のパフェとパンケーキ 概要>
【期間】
2022年7月1日(金)~8月31日(水)
【店舗】
カジュアルレストラン「カフェ クベール」(2階)
【時間】
昼 11:00~14:00
夜 17:00~22:00(ラストオーダー 21:00)
※土・日・祝日は11:00~22:00(ラストオーダー 21:00)

★無花果とベリーのパフェ
夏に美味しさの増す無花果にブルーベリーやフランボワーズなどを合わせて仕上げました。無花果とフランボワーズのシャーベットは、無花果の粒をあえて残したピューレを使用し、食感をお楽しみいただけるように工夫しています。シャーベットとゼリーには白ワイン用ブドウ品種のソーヴィニヨン・ブランで作られたジュースを使用し、風味豊かな品のある味わいに仕上げています。食べ進める中で食材の温度や食感の移り変わりを楽しんでいただけるパフェです。

【価格】 2,300円(サービス料・消費税込)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222847-O4-yg609ecG

【内容】(上から順に)
・チョコレート、シャンティイクリーム
・無花果とフランボワーズのシャーベット、バニラアイス
・無花果、ミント
・カスタードクリーム、チョコレート
・メレンゲ、ブルーベリー、フランボワーズ、さくさく食感のクレープ
・シャンティイクリーム
・ジェノワーズ
・白ブドウゼリー、無花果、苺、ブルーベリー
・フランボワーズ、無花果とフランボワーズのソース

★桃とヨーグルトのパンケーキ
焼きたてのパンケーキに、ジューシーな桃の果肉とコンポート、ヨーグルトのクリームを添えてご用意いたします。桃と相性が良いラズベリーやアーモンドマッセ*など、甘味と酸味のバランスの良い食材を選びました。桃のコンポートは、ラズベリー果汁入りのシロップに漬け込んでほんのりとピンクに染め、見た目もかわいらしく仕上げました。
ヨーグルトクリームはヨーグルトとシャンティイクリームを合わせ、さっぱりと甘酸っぱいクリームです。

*アーモンドマッセ
卵白、グラニュー糖、アーモンドパウダー、牛乳、薄力粉を合わせた生地の上に、アーモンドスライスをのせて焼いた薄いクッキーのような焼き菓子。

【価格】 2,200円(サービス料・消費税込)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206222847-O5-kRco9ab3

<お問い合わせ先>
カジュアルレストラン「カフェ クベール」(2階)
TEL.(06)6881-4885(直通11:00~22:00)

夏のパフェとパンケーキ
無花果とベリーのパフェ
桃とヨーグルトのパンケーキ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ