プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ataccama

AtaccamaがBain Capital Tech Opportunitiesから1億5000万ドルのグロース投資資金を受け入れ

AsiaNet 96649 (1457)

【トロント、ボストン2022年6月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*この資金は世界規模での拡大を加速する一方、市場開拓とR&Dの取り組みを強化:これにより大規模組織でのデータを民主化するAtaccamaのミッションが可能に

ユニファイドデータマネジメント(UDM)プラットフォームの大手プロバイダーであるAtaccama(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=4224979872&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2F&a=Ataccama )は22日、Bain Capital Tech Opportunities(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=3165946990&u=https%3A%2F%2Fwww.baincapitaltechopportunities.com%2F&a=Bain+Capital+Tech+Opportunities )から1億5000万ドルのグロース投資資金を受け入れたと発表した。これにより同社はAtaccamaの少数株主となる。この資金は同社の市場開拓エンジンの強化や新製品イノベーションへの投資追加、世界規模の展開拡大に充てられる。こうした取り組みによりAtaccamaは、これまでの大幅成長を基盤としてデータマネジメントおよびガバナンス分野の最前線における立場を強固にすることが可能となる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1844389/Ataccama_Ataccama_Receives__150_Million_Growth_Investment_from_B.jpg

2007年にAdastraから分離独立したAtaccamaは、世界の企業にデータ主導型のイノベーションを大幅に拡大し、事業の成果を加速する能力を提供している。同社のプラットフォームであるAtaccama ONE(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=3385829090&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2Fplatform&a=Ataccama+ONE )は、データガバナンス、データカタログ、データ品質、マスターデータ管理機能をハイブリッド環境とクラウド環境全体で結合し、これにより組織はデータの精度、統制、ガバナンスを維持しながら、それぞれのデータを民主化することが可能となる。

Bain Capital Tech Opportunitiesのマネジングディレクター、Dewey Awad 氏(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=1804457826&u=https%3A%2F%2Fwww.baincapital.com%2Fpeople%2Fdewey-awad&a=Dewey+Awad )は「企業は今日の進化する市場で競争力を保っていくためにより優れた、より実施可能なデータを必要としており、これにはITと事業分析の間でのより強力なコラボレーションが必要であることを理解している。Ataccamaのクラウドに適合したこのクラス最高のプラットフォームは、技術職と非技術職がデータ品質とガバナンスでより簡単に協力できるようにしている。プラットフォームへの需要は、同社の平均取引規模を大幅に拡大し、大きな勢いを後押ししている。われわれはさらなる成長への重要な滑走路を目の当たりにしている」と語った。

2022会計年度の第1四半期にAtaccamaは平均して3日に1件の新規顧客を迎え入れ、銀行、金融サービス、保険、ライフサイエンス、ヘルスケア、小売りの各業界での足場を大きく拡大した。同社はまた、2021年に年間経常収益(ARR)を倍増させ、2021 Gartner Magic Quadrant for Data Quality Solutions (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=1395412455&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2Fanalyst-research%2Fgartner-magic-quadrant-data-quality-solutions-2021&a=2021+Gartner+Magic+Quadrant+for+Data+Quality+Solutions )と2021 Forrester Wave: Data Governance Solutions, Q3 2021(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=1059921945&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2Fanalyst-research%2Fforrester-wave-data-governance-solutions&a=2021+Forrester+Wave%3A+Data+Governance+Solutions%2C+Q3+2021 )の両方でLeaderに選ばれたほか、 2021 Gartner Magic Quadrant for Master Data Management (MDM) Solutions (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=2046905951&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2Fnews%2Fataccama-named-a-challenger-in-the-2021-gartner-magic-quadrant-for-master-data-management&a=2021+Gartner+Magic+Quadrant+for+Master+Data+Management+(MDM)+Solutions )でChallengerに選ばれた。

AtaccamaのMichal Klaus最高経営責任者(CEO)は「大規模組織はデータイニシアチブを拡大、分散化し、さらにデータの民主化を可能にし、同時にその一方で品質、ガバナンス、プライバシー、セキュリティーの観点からデータを統制下に置くことに懸命になっている。Ataccama ONE Gen2は、組織全体にわたってデータの技術職と非技術職の両方が高品質で、統治され、安全で、再利用可能なデータ製品を作り出すことを可能にするシームレスな手段を提供している。これはAtaccamaの年間経常収益の成長と顧客の保持を推し進めた。Bain Capital Tech Opportunitiesはわれわれのビジネスビジョンとミッションを共有しており、今回の追加資本によりわれわれはイノベーションを加速させながら、拡大する需要に応え、事業を拡大していくことが可能となる」と語った。

Ataccamaは世界で450人を超す従業員と10のオフィスを擁している。2021年に150人を上回る新規従業員をチームに加え、前年比の増加率は約160%となった。また最近ではオーストラリアのメルボルンに同社として最新の場所でのオフィスの開設を発表した(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3573499-1&h=1252229014&u=https%3A%2F%2Fwww.ataccama.com%2Fnews%2Fataccama-opens-melbourne-office&a=Melbourne%2C+Australia )。

▽Ataccamaについて
Ataccamaは、エンタープライズ規模で価値を生み出すためにデータを管理する方法を改革している。Ataccamaは、データガバナンス、データカタログ、データ品質、マスターデータ管理をハイブリッド環境とクラウド環境全体でAIを活用した単一のファブリックに統合することで、データの信頼性、セキュリティー、ガバナンスを維持しながら、ビジネスチームとデータチームに前例のないスピードで革新する能力をもたらしている。詳細はウェブサイトwww.ataccama.com を参照。

▽Bain Capital Tech Opportunitiesについて
Bain Capital Tech Opportunities(www.baincapitaltechopportunities.com )は、成長するテクノロジー企業がその全潜在能力を発揮するのを支援することを目指している。同社は大規模で成長するエンドマーケットで革新的または創造破壊的な技術を有する企業を重視しており、同社はここで転換をもたらす成長を支援することができると確信している。同社の献身的で終身雇用のチームは、成長するテクノロジー企業の支援で深い経験を持っており、プライベートエクイティー投資および上場株式投資のほか、技術運用職での分化した経歴を一体化している。同社は、テクノロジーがさまざまな業界に浸透し、投資機会の大型化と増加をもたらしているのを受けて、基本的な長期の追い風の後方で投資している。Bain Capital Tech Opportunities は、アプリケーションソフトウエア、インフラストラクチャーとセキュリティー、フィンテックと決済、ヘルスケアIT、インターネットとデジタルメディアという5つの優先的な副垂直分野に重点を置いている。

▽問い合わせ先
For Ataccama
Americas
JaeMi Pennington
Metis Communications
Ataccama@metiscomm.com

EMEA & APAC
Ed Bell
Babel PR
ataccama_uk@babelpr.com

For Bain Capital Tech Opportunities
Charlyn Lusk
Stanton, clusk@stantonprm.com

ソース:Ataccama

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ