プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

氷見市

1/29ファンミーティング参加者募集中!【氷見きときとファンクラブ】

首都圏の富山県氷見市の関係店舗(ツナグ場)で開催!

「氷見きときとファンクラブ」とは?
「あなた」と「氷見」が繋がり、より良い暮らしに!より良い街に!
氷見市にゆかりのある方や愛着のある方が会員となり、氷見を知り、氷見を訪れ、全国に氷見を発信していこう!というファンクラブ組織です。
氷見市からイベント情報をお届けしたり、会員同士が交流できる「ファンミーティング」を開催したり、氷見市の発展と豊かなまちづくりに繋げていくことを目指します。

 Zoomでの「オンライン参加者」募集!
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201136058-O1-fY0SeYf0
氷見の食の魅力を体感しながら、会員同士が交流できる「ファンミーティング」を昨年に引き続き開催します。

■対象者
氷見きときとファンクラブ会員
※これから入会される方もご参加いただけます。入会方法は、この記事の下に書いてあります。

■日時
令和4年1月29日(土曜日)12時~14時ごろ(開場11時半)

■場所
29テラス(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-22-3 仰徳ビル1F)から配信
※オンライン参加者はご自宅などからご参加ください。

■内容(予定)
・氷見の食材を使った料理の実食(昆布〆(こんぶじめ)など)
・氷見市長と発酵料理研究家・是友麻希さんの対談(氷見自慢など)
・司会:吉本興業所属の吉田サラダさん(ものいい/氷見市地域おこしリポーター)

■会費
オンライン参加 無料

■おうちに「氷見美味セット」
当日オンライン参加中に「氷見美味セット」をつまみながらご参加いただいたり、現地参加後もご自宅で氷見の美味しさを楽しんでいただけます。
料金:5,000円

■定員
オンライン参加 50名
※先着順
※現地参加は定員に達したため、受付を終了しました。
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況次第で、オンライン参加のみとなる場合があります。

■申込方法
申し込みフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/xd7FRRGWQqFewWTQ7

■申込期限
令和4年1月19日(水曜日)

ファンクラブの入会方法
会費は無料!氷見市外にお住まいの方が対象。

入会の方法は2パターン!
1.アプリでの申し込み(フクラギ会員・ブリ会員) 
専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、会員情報を登録することで、入会できます。
※アプリが会員証となります。
「ココシル」ダウンロードページhttps://kokosil.net

2.電子メールでの申し込み(きときと会員)
ファンクラブ事務局のメールアドレスへ下記の事項をお送りください。
お知らせいただきたい内容:
1. 郵便番号・住所
2. 氏名(フリガナ)
3. 性別・年代
4. 電話番号
5. ファンクラブ入会の動機
6. 氷見へのメッセージ
送り先:shokoshinko@city.himi.lg.jp
※入会受付完了後(約1~2週間後)に会員証を発送いたします。

会員特典など詳しくは市ホームページをご覧ください。
https://www.city.himi.toyama.jp/gyosei/soshiki/shokoshinko/1/6183.html

公式SNSでも情報発信中!ぜひご覧ください。
Facebook:@himikito2fanclub  
https://www.facebook.com/himikito2fanclub
Instagram: himi_kito2_fanclub 
https://www.instagram.com/himi_kito2_fanclub/

2022fanmeeting
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ