プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road

Xinhua Silk Road:セラフィムが高効率PVモジュールの新製品S5シリーズを発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202201136056-O1-4Oy6MAY4

AsiaNet 94032 (0081)

【北京2022年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】太陽光発電製品の世界的メーカーであるSeraphim Energy Group Co., Ltd.(セラフィム)はこのほど、最大出力670ワット、モジュール効率21.57%を擁する新世代製品のS5シリーズ高性能太陽光発電(PV)モジュールを発売した。

210mmの大型シリコンウエハーとマルチバスバー、ハーフセル、デュアルグラスの技術を統合したS5シリーズのモジュールは、より強力な性能と信頼性を実現することができる。具体的には、この新製品は、マルチバスバー(12BB)技術を210mm大型シリコンウエハーに導入し、セルの効率を確保しつつ、受光面を拡大している。

さらに、通常の2mmセル間隔技術に対し、新製品は0.8mm高密度カプセル化技術を採用し、モジュールの出力密度を大きく強化し、製品の品質を確保している。

効率の高いモジュールに対する多様な需要に応じるため、セラフィムは132セルと120セルの2つのバージョンを展開しており、シングルガラス、デュアルガラス構造のどちらかと組み合わせて、595ワットから670ワットまでの出力が可能になる。

新製品はPID、雹(ひょう)、砂煙、アンモニアなどのテストを受け、高い信頼性を示しており、高性能PVモジュール製品の分野で強力な競争相手になると期待されている。

セラフィムのPolaris Li会長兼社長は「技術革新は常にセラフィムの当初からの強い願望であり、創業時から業界のリーダーであることを使命としている。当社は何年にもわたって研究開発(R&D)に多くの労力を投じ、専門技術の研究開発と高効率モジュールの技術において豊富で比類のない経験を蓄積してきた」と語った。

同氏は、同社の厳格な手順管理、技術の研究開発、製品設計、開発、徹底的な検査の結果、S5シリーズの製品は顧客にずば抜けて優れた製品体験を提供すると付け加えた。

2021年にセラフィムは創立10周年を迎えた。過去10年間に、同社は大きな業績を上げただけでなく、社会全体のグリーン開発にも大きく寄与した。

こうした努力が認められ、BloombergのTier 1 PVモジュールメーカー、PV Evolution LabsのトップPVモジュールメーカーなど数多くの賞を受賞している。

現在までに14メガワット以上のセラフィムの製品が世界40カ国以上に出荷されている。

オリジナルリンクを参照:

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=412705

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ