プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

独立行政法人製品評価技術基盤機構

「2020年度 事故情報収集・調査報告書」を公表しました

コロナ禍と製品安全、高齢者による製品事故のリスクなどを分析

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
製品安全センター

 独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE)は2021年12月21日、「2020年度 事故情報収集・調査報告書」を公表しました。

 本報告書は、2020 年度(2020 年4月~ 2021年3月)の重大製品事故情報及び非重大製品事故情報の収集状況、並びに 2020 年度までに収集した事故情報 (2021年 8月31日の集計結果)を取りまとめたものです。

 事故情報受付件数の推移、被害状況と被害者年代、事故発生製品ランキングなどの集計・分析結果をはじめ、外部機関情報とのクロス集計分析により、コロナ禍による製品事故の動向変化の検討、高齢者による製品事故のリスクアセスメントなどを公表しています。

 

目次 抜粋

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112235451-O1-y1hu4M5T

 

報告書のダウンロード>>>https://www.nite.go.jp/data/000130157.pdf

 

「コロナ禍と製品安全」より抜粋

 報告書 の図12では、 2019 年と 2020 年に発生した電気調理器具の事故を発生月別に並べたグラフです。前年に比べ件数自体も13 件増加し、 4 ~5 月以降、高い水準で推移しています。

 図 13は Google Trends(Googleにおけるキーワード・トピックの検索回数の人気度を調べられるツール)により、 2019 年と2020年における「おうちごはん」というキーワードの人気度を示したグラフです。1 度目の緊急事態宣言中と重なる、 4~6月での人気度が高いことがわかります。

 事故の発生は 4~6月流行後の7月がピークとなっていますが 、これは「おうちごはん」が浸透するとともに、少し遅れて事故が発生したのではないかと考えられます。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112235451-O2-a2e67a25

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112235451-O3-QZYkEmjX

 

NITEは“くらしの安全“のための情報を発信しています

 NITEは、消費生活用製品等に関する事故情報の収集を行い、その事故原因を調査・究明し、その結果を公表することによって、製品事故の再発・未然防止を図り、国民の安全なくらしの実現に貢献しています。

  誤使用事故の注意事項を解りやすくまとめた動画「YouTube NITE 公式チャンネル」、Twitter 、毎月第 2 ・ 4 火曜日に配信している「PS マガジン」(製品安全情報マガジン)、注意喚起ミニポスター等により、随時情報を発信しています。ぜひお役立てください。

 

 

YouTube NITE 公式チャンネル

https://www.youtube.com/c/nite_JAPAN

 

Twitterアカウント

https://twitter.com/NITE_JP

 

PS マガジン

https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/mailmagazin/index.html

 

注意喚起ミニポスター(一部動画付)

https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/index.html

 

 

 

オンライン無料セミナー 参加者募集

  2022年1月28日(金)、 オンライン無料セミナー 『事業者等における製品安全の基礎知識:リスクアセスメント講座』 を開催します。

 「安全な製品をどうやって見極めるの?」という疑問に答える、 開発・設計、仕入れ担当者必見の無料セミナーです。是非、ご参加ください。

https://www.nite.go.jp/jiko/event/kouza/2021fy/index2021.html

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106921/202112235451/_prw_PT1fl_YJhUenfY.png

 

 

 

事故情報調査報告書
目次抜粋
電気調理器具の事故件数推移比較
Google Trends による「おうちごはん」の動向
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ