プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Pepperstone Group

PepperstoneがPepperstone Talks: How to trade 2022-今後1年間への深い考察と主要な取引戦略-を紹介

AsiaNet 94027(0090)

【ドックランズ(オーストラリア)2022年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】全ての目が2022年の潜在的な取引情勢に注がれている。市場はCovid-19と中央銀行によるインフレ急進対策検討による継続的影響の中を進んでいる。世界的専門家の予測に耳を傾けたいと思うか?Pepperstoneは、最初に専門家の予測を聞けるようにトレーダーを招待する。

Pepperstoneは、最新のオンラインシリーズであるPepperstone Talksを紹介することを誇りに思う。シリーズ最初のイベントであるHow to Trade 2022は、GMT(グリニッジ標準時)1月26日(水曜)午後6:00-10:00に開催され、12人の市場専門家が2022年の取引予測を発表する。

取引のアイデア、テクニカル分析、マクロ経済のテーマ、および取引規律改善のヒントに関する10の独占オンラインセッションに参加を。各講演で、参加者は専門家に質問を投げ掛けたり、GBPUSD(英ポンド米ドル)予測コンペティションに参加するなどインタラクティブな内容となる。

このイベントは、さまざまなレベルの経験とスタイルを持つトレーダーに現実的、実用的な知見を提供する。

https://register.gotowebinar.com/register/323445954296378891

確認済みの講演者:

Alpesh Patel OBE – Praefinium- Market trends for 2022 and trades ideas for the year ahead.
Mark Randall and Steve Goldstein- AlphaMind- Weaponising the Mind for more effective FX Trading
James Maddison – TradingView- TradingView 2022: What’s next
Corellian Trading Academy- H1 and the possibilities therein
Mark Holstead – Traders Mastermind- Becoming the trader you want to be in 2022
Garth MacKenzie – Traders Corner- Playing by the book – Technical trading setups to look for and how to trade them
Stuart Fieldhouse – The Armchair Trader
Ryan Littlestone – Forex Analytix- How will FX markets react to inflation changes?
Miad Kasravi- ZFX Trading- Inevitable market drivers in 2022 – Using the trading cycle to your advantage.

講演者に関する詳細はhttps://pepperstone.com/en-gb/go/pepperstone-talks/?utm_source=email&utm_medium=email&utm_campaign=pepperstonetalks-2201 を参照。

*講演者はPepperstoneにより承認されておらず、彼らが表明する見解は全て彼ら自身のものである。

▽Pepperstone(https://pepperstone.com/ )について
2010年創業のPepperstoneは、世界中の何万人ものクライアントに卓越したクライアントサービスと受賞歴のある入出金サービスを提供することで知られている受賞歴のあるオンラインのグローバルなforex、CFDブローカーに成長した。Pepperstoneは、世界中に子会社があり、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、英金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySec)、バハマ証券委員会(SCB)、ドバイ金融サービス庁(DFSA)、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)、ケニア資本市場庁(CMA)の規制下にある。

ソース:Pepperstone Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ