プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社 LIVE BOARD

2022年コロナ禍・アフターコロナにおけるデジタルOOH利用意向と活用イメージを調査

 
株式会社 LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 櫻井 順、以下LIVE BOARD)は、2022年コロナ禍・アフターコロナにおけるデジタルOOH利用意向と活用イメージのアンケート調査を実施しました。全国の会社勤めされている20歳~69歳の男女にアンケート調査を実施。デジタルOOHへの出稿経験者に絞り、コロナ禍・アフターコロナの使用イメージを聴取しました。

◆コロナ禍・アフターコロナにおけるデジタルOOH利用意向の変化
コロナ禍におけるデジタルOOHの利用意向について、利用したい意向(とても利用したい/利用したい/やや利用したい)37.9%に対し、利用したくない意向(あまり利用したくない/利用したくない/まったく利用したくない)29.2%よりも上回ることがわかりました。

さらに、利用したいと回答された方に、アフターコロナにおいての継続的な利用意向を調査した結果、94.1%の割合で利用したい(とても利用したい/利用したい/やや利用したい)という結果に。コロナ禍での利用意向がある方は、アフターコロナにおいてもデジタルOOHを活用するニーズを示しており、広告出稿に対しての効果を見込まれていることがわかりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110081327-O2-dM65lrzb
 

◆コロナ禍・アフターコロナにおいて、デジタルOOHの活用イメージ
コロナ禍での活用イメージTOP3は、「ネットワークでも、単面でも、エリア限定でも、希望の広告配信ができる(13.5%)」、「6秒、15秒、30秒、60秒など最大180秒までの素材を広告配信できる(12.7%)、次いで「位置情報データを用いて、デモグラフィックターゲティング配信ができる(12.5%)」という結果になりました。
対して、アフターコロナでの活用イメージTOP3は、「位置情報データを用いて、趣味嗜好ターゲット配信ができる(14.0%)」、「位置情報を用いて、カスタムオーディエンス配信ができる(13.4%)」、次いで「全国125面の屋外ビジョンで、広告配信ができる(12.9%)」という結果になりました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110081327-O1-k53fqEY0

このことから、コロナ禍の活用イメージ特長としては、「広告素材の差し替えが自由」「ネットワーク・エリアなど希望の配信が可能」「位置情報データを使った効果測定」など、人流が限定される中での効率的な配信への期待値が高く、アフターコロナの活用イメージ特長として、「全国125面での配信」といった屋外での人流復活ニーズや、「SNSでのつぶやき配信」「コンテンツ連動」の屋外での差別化広告配信ニーズが高まっていることが明らかになりました。
さらに、「最大180秒までの配信」「位置情報を使った効果測定」「位置情報を使ったカスタムオーディエンス」などにおいては、アフターコロナ・コロナ禍共に需要が高く、屋外での効率的な広告配信だけでなく、OOHならではの広告の“露出感”に対する期待値が高いことがわかりました。

 
LIVE BOARDでは、ドコモのモバイル空間統計®+その他位置情報データ等を活用することで、ターゲティング配信やユニークリーチの可視化など、今求められているDX化に対応し始めています。
2022年は、このようなDX化の恩恵をより分かりやすい形で広告主へご提供すべく、またデジタルOOHのさらなる価値向上のため、LIVE BOARDはサービスを拡充していきたいと思います。

 
<調査概要>
調査手法:Web定量調査 ※事前調査・本調査をセパレートで配信
モニター:マイティモニター(dポイントクラブ会員/インテージネットモニター)
アンケート対象エリア:全国
対象者: 20歳~69歳の男女、現在会社にお勤めの方(会社員・会社役員が対象)、直近3年以内に、お勤め先の会社にて、広告出稿経験があり、かつ広告出稿業務への関与もある方(アンケートでモニター本人に確認)
調査期間:事前調査2021年9月10日~9月13日、本調査2021年10月1日~10月4日
調査人数:事前調査:183,262名 / 本調査:14,339名
※株式会社ドコモ・インサイトマーケティング、株式会社インテージ調べ

◆媒体面概要
LIVE BOARD:全国9都市 (東京、北海道、宮城、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡) 77ヵ所のデジタルOOH
URL: https://service.liveboard.co.jp/screen

◆LIVE BOARDサービス紹介動画公開中

”偶然の出会い”を作り出す~LIVE BOARDの有用性と可能性~
CASE01:いまそこにいる人に呼び掛ける
​​​​CASE02:”共に見る”がブームを作る
CASE03:LIVE BOARDが描く未来

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=DbG-VhKlJf8

 
◆最新媒体資料
画像をクリック⇓
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110081327-O4-bKU2rm7Z

 
◆株式会社LIVE BOARDとは

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110081327-O3-bau6hNOQ

データドリブンにターゲティングや効果検証を実現する
デジタルOOHアドネットワークオペレーター

OOH領域において国内で初めてインプレッション(広告視認者数)に基づく配信を実現。コロナ禍のような人流変化が起こりやすい状況下でも、“そのとき、その場所で、その広告を”見ると仮定される人数をもとに、限りなく実態に即した広告配信および課金体系を展開。加えて、屋外・屋内、電車内、駅構内など日本全国の多様なデジタルOOHを束ねた独自ネットワークに国内最大級キャリアのビッグデータを掛け合わせることで、性・年代別によるターゲティングなど、従来のOOHでは難しかった“ヒト”基点による配信を可能にしました。

 

アフターコロナ・コロナ禍で出稿したいと感じた機能
コロナ禍における利用意向
LB_logos-04
媒体資料

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ