プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cambrex

創業40周年のCambrexが新たな原薬製造能力に1億ドル超を投資

AsiaNet 94001 (0074)

【イーストラザーフォード(米ニュージャージー州)2022年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】Cambrexはこのほど、1981年の創業から40周年を祝った。40年に及ぶ成長と世界的大手受託開発製造機関(CDMO)への変遷を経て、Cambrexは世界的な製造ネットワークにわたって1億ドルを超える投資を進め、製薬原薬製造の主導的立場に力を注ぎ続けている。

CambrexのThomas Loewald最高経営責任者(CEO)は「Cambrexが創業40周年を祝うにあたり、当社のネットワーク全体で能力と新たな可能性に大規模な投資を行っていることを誇りに思う」と述べ、「斬新で人生を一変させる治療薬の開発と製造で顧客と提携していきながら、2200人を超す従業員の拡大中のチームとともに、こうした投資によって顧客にさらに優れたサービスを提供することが可能になる」と付言した。

アイオワ州チャールズシティーで行っている最大規模の拡張は、小分子原薬の大規模な開発と製造を支える約5000万ドルのプロジェクトである。現地における一連の大規模投資の最新段階である拡張で、同工場の生産力は最大1万6000リットルの化学反応炉によって約30%拡大し、大量の商用原薬の効率的な生産にとって理想的なものとなる。新たな生産力は2022年上半期中に稼働開始の予定である。

2021年10月、Cambrexのノースカロライナ州ハイポイント施設で臨床病期原薬と小規模の商用製造サービスに重点を置いた新たな3000万ドルの投資が発表された。この拡張は現在進行中で、これにより新たな化学実験設備や新たな臨床製造スイート、最大2000リットルの化学反応炉を備えた小規模商用製造ラインが加わり、同施設の能力はほぼ2倍となる。連続フローケミストリーにおけるCambrexの主導力が強化されることに加え、この投資によりCambrexは顧客向けの非常に強力なAPI(医薬品有効成分)を単一施設内で開発・製造する能力を得ることになる。ハイポイント施設の拡張は、2023年上半期中に完了する予定である。

欧州でCambrexは、スウェーデンのカールスクーガ施設で総額2000万ドル超に上る一連の機能向上計画を進めている。これにより多目的能力は25%増強され、API製造により柔軟性がもたらされる。新たな6000リットルの原薬製造ラインの設置から1年足らずで、現地では現在、2022年末までにさらなる現行医薬品適正製造基準(cGMP)製造能力を追加する同様のプロジェクトが進行している。

臨床および商用原薬製造のあらゆる面に及ぶこうした投資は、Cambrexが引き続き、人類の健康を向上させる革新的で新たな治療薬の開発と製造において、顧客を支援する好位置に付けていくことを確かなものとする。

▽Cambrexについて
Cambrexは、薬品ライフサイクル全体にわたって原薬、医薬品、分析サービスを提供する大手の世界的受託開発製造機関(CDMO)である。40年以上の経験と、北米と欧州の拠点から世界の顧客にサービスを提供する2200人超の専門家超の専門家で構成された拡大中のチームを擁するCambrexは、API(医薬品有効成分)と投薬形態の開発・製造のブランドおよびジェネリック市場での信頼されるパートナーである。

Cambrexは、生体触媒、連続フロー、制御物質、固体科学、材料特性評価、非常に強力なAPIなど、さまざまな専門的な原薬技術と機能を提供している。Cambrexはさらに、経口固形、半固形、液体など従来からの投薬形態をサポートすることができ、放出調節、多剤混合薬、小児用、2層錠、スティックパック 、局所薬、規制物質、滅菌および非滅菌軟膏など専門的な投薬形態を製造する専門知識を備えている。

詳細はwww.cambrex.com を参照。

▽問い合わせ先:
Eli Cohen
Sr. Director of Marketing
Email: press@cambrex.com
Phone: +1 919 544 8638

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1723116/Cambrex_40_Years_Logo.jpg

ソース:Cambrex

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ