プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Zuddl

ZuddlがAlpha Wave IncubationとQualcomm Venturesが主導するシリーズAで1335万米ドルを調達

AsiaNet 93976 (0061)

【ボストン、ベンガルール(インド)2022年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*資金調達はZuddlが製品開発を加速しグローバルに拡大するのを支援する

バーチャルおよびハイブリッドのイベントのためのオールインワンプラットフォームであるZuddl(https://www.zuddl.com/ )は7日、1335万米ドルのシリーズA資金調達を終了したと発表した。資金調達は、ADQのベンチャープラットフォームであるDisruptADが支援しFalcon Edge Capitalが運営するAlpha Wave Incubation(AWI)とQualcomm Ventures LLCが主導した。本ラウンドには既存投資家であるGrowXとWaveform Venturesも参加した。調達された資金は、特に米国市場に焦点を当て、製品開発を加速し、グローバルに拡大するために使用される。

パンデミック中に誕生したZuddlは、Bharath Varma(https://www.linkedin.com/in/bharath-varma91/ )、Vedha Sayyaparajuの両氏(https://www.linkedin.com/in/vedharaju/ )によって2020年5月に創設された。今回の資金調達ラウンドは地理的な拡大に使用され、技術チームを深化させ、同社のサービスをさらに強化する。Zuddlは創業以来30倍以上に成長し、現在はFortune 100企業やケロッグ、マイクロソフト、Dicks Sporting Goods、BYJU’S、Grant Thornton、NASSCOMなどの急成長企業を含む羨望される顧客リストを持つ。

ZuddlのBharath Varma最高経営責任者(CEO)兼共同創設者は「Zuddlの成長は、バーチャルおよびハイブリッドイベントのカスタマイズ性と制御の強化に対する企業ニーズに起因している可能性がある。顧客のほとんどは、リモートチームを持つグローバル企業で複雑なユースケースを抱えているが、当社はそれらを、ブランド理念を保持しながら容易に解決することができる。参加者のエンゲージメントは、対面またはバーチャルのあらゆるイベントの重要な柱である。Zuddlでは、対面イベントを開催し、テクノロジーを利用してエンゲージメントとイベントROIを解決した経験を活用している。世界が徐々に正常に戻る一方で、Zuddlは企業がバーチャルおよびハイブリッドイベントから複雑さを取り除き、本業に集中できるようにする」と述べた。

調査会社Grand View Researchによると、バーチャルイベントの市場スペースは、今後数年間で約24%の年平均成長率(CAGR)(https://www.grandviewresearch.com/industry-analysis/virtual-events-market )で成長すると予想されている。LinkedInの調査によると、イベントマーケターは、近い将来、イベントの65%以上(https://business.linkedin.com/content/dam/me/business/en-us/marketing-solutions/resources/pdfs/virtual-events-a-new-reality-v4.pdf )がバーチャルまたはハイブリッドになると予測している。

Zuddlの差別化は、ハイレベルのイベントのカスタマイズと強力な参加者エンゲージメントを提供する能力に由来している。イベント主催者は、イベントの詳細を迅速に、自らカスタマイズすることができる。Zuddlは、テクノロジーを使用して関心主導型ネットワーキングを強化し、ユーザーアクションに基づいてゲーミフィケーションを実装することで、参加者エンゲージメントの課題を解決する。

Alpha Wave IncubationのAnirudh Singhマネジング・ディレクターは「パンデミックの最中にバーチャルイベントへの移行を余儀なくされた後、企業は現在、ハイブリッドイベントの利点を見出しつつある。Zuddlは、ハイブリッドファーストのモデルを通じ、企業イベントに特有の一連の問題に取り組んでおり、バーチャルイベントとハイブリッドイベントにカスタマイズ性、制御、エンゲージメントをもたらしながら、イベント主催者が複雑さに直面することはない。Zuddlにとって優位に働くのは、彼らがイベント業界発祥であり、現場の実情をよく理解しているという事実だ」と述べた。

Qualcomm Technologies, Inc.のシニアディレクターでQualcomm Venturesのマネジング・ディレクターであるVarsha Tagare氏は「ハイブリッドイベント用のZuddlのプラットフォームは、企業がより大きなエンゲージメントのイベントを容易にカスタマイズし、管理するのを支援する。XR、AI、5Gを使用し、イベントセクター向けの新しいアプリケーションと没入型体験を実現するための彼らのジャーニーをサポートするのを楽しみにしている」と語った。

GrowX VentureのパートナーであるManu Rikhye氏は「われわれはZuddlの創設チームのビジョン、強力な専門知識、実行のスピードに興奮した。Bharath(Varma氏)とVedha(Sayyaparaju氏)は、バランスの取れた非常に才能豊かな創設チームを作っている。イベント主催者、講演者、スポンサー、そして何よりも参加者のニーズに対する深い理解と製品ファーストの考え方が相まって、Zuddlのサービスは非常に混み合ったスペースにおいて際立つ存在になった」と述べた。

▽Zuddlについて
Zuddlは、企業が没入型のブランド体験をデザインするのに役立つ、包括的なバーチャルおよびハイブリッドイベントのプラットフォームである。Google、Dicks Sporting Goods、マイクロソフト、ケロッグ、Grant Thorntonなどの世界の大企業が、バーチャルイベントの開催においてZuddlを信頼している。詳細については、www.zuddl.com を参照。

▽Alpha Wave Incubationについて
Alpha Wave Incubation(AWI)は、ADQのベンチャープラットフォームであるDisruptADが支援し、Falcon Edge Capitalが管理する3億ドルのベンチャーファンドである。AWIは、ロンドン、ベンガルール、アブダビに専任チームを擁する。このファンドは、インドと東南アジアの初期段階の技術対応のディスラプティブな新興企業に投資している。AWIは、優れた創設者に初期段階の資本を提供するだけでなく、ビジネス構築のための比類のない一連のサポートメカニズムへのアクセスを提供すると同時に、企業がグローバルに拡大し、湾岸協力会議(GCC)/中東北アフリカ(MENA)地域とそれ以外の新しい市場を開拓するのを支援する。

▽DisruptADについて
ADQのベンチャープラットフォームであるDisruptADは、イノベーションの未来を加速するために立ち上げられた。このプラットフォームは、デジタル主導の時代に向けた最先端のインフラストラクチャーで、技術系スタートアップ企業に生産的なインキュベーション、投資、および商業的スケール化の機会を提供する。DisruptADは、高度なスキルを持つ技術人材を通じて研究開発を推進し、アラブ首長国連邦(UAE)の革新的で企業家精神にあふれたエコシステムの可能性を解き放つことを狙いとしている。

DisruptADは、創設者、ファンドマネージャー、インキュベーター、アクセラレーターの繁栄するコミュニティーを引き付け、構築し、アブダビからディスラプティブ技術をグローバルに構築し、サポートし、拡張している。

▽Falcon Edge Capitalについて
Falcon Edge Capitalは、Rick Gerson、Navroz D. Udwadia、Ryan Khouryの各氏により2012年に共同設立された多様なグローバルオルタナティブアセットマネージャーである。Falcon Edgeは、公的および私的市場全体で約40億ドルの資産を管理している。Falcon Edgeは、ニューヨーク、ロンドン、ベンガルールにオフィスを構えている。同社は多数の資産クラス、テーマ、地域をカバーするさまざまな投資商品と戦略を提供している。

▽Qualcomm Venturesについて
Qualcomm VenturesはQualcomm Ventures LLCもしくはその子会社組織を通して活動し、2000年以降に世界を劇的に変革する可能性のあるテクノロジー企業に戦略投資してきた。グローバルな投資家として同社は、われわれの周りの世界を刷新する革命的なビジネスを立ち上げる起業家を支援することを目指している。詳しい情報はwww.qualcommventures.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Verbly Integrated Communications
Hitheshitha Mahesh
hitu@verblyinc.com

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1721848/Zuddl_platform.jpg
Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1721323/Zuddl_Logo.jpg

ソース:Zuddl

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ