プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

独立行政法人製品評価技術基盤機構

うっかり捨てると火災原因に!? スプレー缶は正しく捨てましょう

2021年12月23日
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
製品安全センター

  年末に向けて、大掃除を計画している方も多いでしょう。寒い季節は、カセットコンロで鍋料理を楽しむ機会も増えます。そのため、カセットボンベやスプレー缶などを廃棄することも多くなると思いますが、捨て方を間違うと大きな事故になりかねません。
 独立行政法人製品評価技術基盤機構 (NITE)では、動画を公開するなどして注意を呼びかけています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112225404-O3-jzgfL2N1

 廃棄の機会が増える時期を迎えるにあたり、NITEより、事故原因や安全な廃棄方法をご案内します。正しい捨て方を知って、安全に過ごしましょう。

 
カセットボンベやスプレー缶が原因の事故とは
 カセットボンベやスプレー缶には、可燃性ガスが使用されています。可燃性ガスが残ったまま廃棄すると、ごみ収集車やごみ処理場で押しつぶされた際にガスが漏れ、ごみ圧縮時に金属から生じた火花などが引火して、火災原因となるおそれがあります。
 東京消防庁のデータによると、ごみ収集車のエアゾール関連火災は、最近10年間は減少傾向にありますが、直近4年はあまり変化が見られません。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112225404-O2-5HBatu93
出典:東京消防庁 令和3年版 火災の実態

 
カセットボンベやスプレー缶を正しく捨てるには?
分別や廃棄の方法などをお住まいの各自治体のホームページ等で調べ、指示に従って廃棄してください。不明な場合は、お住まいの自治体に問い合わせてください。 
 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112225404-O4-juE7s9Gy

 
自治体の指示例(各自治体のホームページより)

東京都渋谷区
カセットボンベやスプレー缶は資源として回収しています。
カセットボンベやスプレー缶は、中身を使い切って、「資源の日」にビン・缶とは別の袋に入れて集積所に出してください。

大阪府大阪市
1. 必ず中身を使い切る。
2. 穴をあけずに、中身の見える透明または半透明の袋に入れる。
3. 資源ごみの日に資源ごみと分けて出す。

千葉県木更津市
1.中身の有無を確認し、残っている場合は使い切ってください。
2.使いきれない場合は、火気のない風通しの良い屋外でガスを抜いてください。
3.中身がなくなったことを確認した後、穴をあけます。
※穴あけは、必ず中身がなくなったことを確認した後に行ってください。穴あけは収集員が中にガスなどが残っていないことを確認しやすいようにお願いしているものです。ガスを抜くための穴ではありません。中身が残っている状態で穴をあけてガスを抜こうとすると、穴あけの際に火花が起きてガスに引火し、爆発を起こす可能性もあります。引火しない場合でも、内容物が噴出して目に入るなどの危険もあります。絶対におやめください。
4.しばらく風通しの良い屋外に置き、「燃やせないごみ」の指定袋に入れて出します。

カセットボンベ、スプレー缶の中身の排出方法は、以下も参考にしてください。
■一般社団法人日本ガス石油機器工業会からのお知らせ
 http://www.jgka.or.jp/gasusekiyu_riyou/anzen/gasu_cassette/index.html

■一般社団法人日本エアゾール協会からのお知らせ
 https://www.aiaj.or.jp/img/data/aerosolA4_2012.pdf

 
自治体・企業の皆様へ。
NITEは“くらしの安全“のための情報を発信しています
 正しく廃棄することは、清掃や廃棄に関わる方々の安全につながるだけでなく、リサイクルの推進にも寄与します。
 製品安全センター 製品安全広報課 課長の山崎卓矢は、「生活はどんどん便利になりますが、一方で廃棄にも知識が必要になってきています。『知らなかった』ことが原因で起こる事故を防ぐために、正しい使い方だけでなく、正しい捨て方も知っていただきたいと思っています」と述べています。
 NITEは、“くらしの安全“のための情報を発信しています。住民、社員への注意喚起等にご活用ください。

ゴミ収集車発火(再現動画から)
東京都内で発生したエアゾール缶等に係るゴミ収集車の火災
自治体ごとの廃棄方法を調べて、指示通りに捨てる
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ